天皇陛下の退位と、皇太子さまの即位に伴う一連の儀式を統括する政府の「式典委員会」が10/12に発足しましたね。

 

ここで安倍首相は、皇太子さまが即位する2019年5月1日を「来年限りの祝日とする」と表明されました。

 

そして、嬉しいことに2019年のゴールデンウイークは「10連休」にする意向を示されました!

 

 

5月1日が祝日だと、なぜGWが10連休になるの?

 

まずは、カレンダーを見てみてください。

 

2019年のゴールデンウィークのカレンダーを以下に示します。

 

日付 曜日 備考
4月27日
  28日
  29日 昭和の日
  30日 天皇陛下退位
5月 1日 皇太子さま即位(来年限りの祝日とする)
   2日
   3日 憲法記念日
   4日 みどりの日
   5日 こどもの日
   6日 振替休日

 

まず土日はお休みですね。

 

続いて、これまで通り祝日「昭和の日」「憲法記念日」「みどりの日」「こどもの日」があります。

 

表で青色で示した箇所です。

 

「振替休日」については皆さまご存知ですよね。

 

  • 「国民の祝日」が日曜日に当たるとき、その日の後の最も近い平日を休日とする。

 

というものですね。

 

5月5日(日)に祝日「こどもの日」が当たっているので、以降で最も近い平日である5月6日(月)を振替休日としています。

 

 

すると、天皇陛下が退位なされる4月30日(火)と、5月2日(木)はどうなるの?

 

とここが一番気になるわけです。

 

 

さて、「国民の休日」というものをご存知でしょうか。

 

簡単にご説明すると、その日(平日)の前日と翌日が祝日である場合、その日(平日)を「国民の休日」にするという決まりです。

 

もう一度上のカレンダーをご覧ください。

 

4月30日と5月2日ともに、前日と翌日が祝日ですね。

 

祝日でサンドイッチされています。

 

ということで、この2日は休日になるわけです。

 

 

実際に、安倍首相も「祝日に挟まれる4月30日と5月2日も休日の扱いとするよう政府で所要の検討を進める」と語られています。(「日本経済新聞」を参照)

 

サービス業にとっては地獄の10連休!?

 

さて、一般的には嬉しい10連休ですが、職種によってはまったく迷惑な話ということもあるようです。

 

代表的な職種としてはサービス業でしょうか。

 

連休になった分、仕事がいつも以上に増えてしまう、残業地獄が待っている、顧客のクレーム対応が増える、といった問題が出てくるようです。

 

 

10連休=サービス業界の方々にとって「死」を意味する・・・

 

 

サービス業を経験したおかげで、その忙しさが骨身にしみており、サービス業の方々に対する感謝の気持ちが芽生える。

 

まとめ

来年2019年のゴールデンウィークが10連休になるというお話でした。

嬉しい反面、サービス業にとっては辛い連休になってしまう・・・という声もしばしばあります。

誰かが頑張ってくれていることで、私たちが充実した生活が送れるということを、私も心に留めたいと思います。