行政書士試験を受験される皆さまへ、今回は何かと便利なiphone/スマートフォン向けアプリを紹介します。

以前の記事で、行政書士の試験勉強のお供に、必ず六法は必要です!という記事を書かせていただきました。

そして、ポケット六法がおすすめでした。

行政書士試験に合格!ポケット六法を活用しよう!

 

しかし、ポケットサイズとはいえ、外出先や電車の中などでは、なかなか読みづらいかもしれません。

 

そこで、なんとスマートフォン向けのアプリとして六法があるのです。

この記事では、便利なアプリを3つ紹介させていただきます。

 

 

スマートフォン(iphone)用アプリ「And六法

アプリ名を発表します。

それはAnd六法です。無料版が利用可能です。

 

私はiphoneとandroidの両端末で利用していました。

 

「And六法 iphone」とか「And六法 android」とかでGoogleで検索してみると、でてきます。

 

無料版でも、日本国憲法や民法、行政手続法など、行政書士試験で問われる有名どころは大体そろっています。

 

iphone用アプリ「三省堂 模範六法」

もう一つ、iphone用のアプリをご紹介します。

 

三省堂の「模範六法」です。無料版が利用可能です。

 

無料版では「日本国憲法」「民法」「刑法」「会社法」「民事訴訟法」「刑事訴訟法」およびこれらの第1条の判例要旨と参照条文が収録されています。

どうやら、行政法に関してはアプリ内課金になるようです。

 

以下は、実際に模範六法を起動してみた様子です。例は「民法」の条文となります。

 

 

「iphone 三省堂 模範六法」と検索してみましょう。

 

iphone用アプリ「e六法」

こちらもiphone専用アプリです。無料で利用可能です。

 

こちらのアプリは、憲法、民法、会社法、行政法と、行政書士試験で必須の条文を無料で閲覧することが可能です。

 

以下に示すのは、実際にe六法を起動してみた様子です。例は「行政不服審査法」の条文になります。

 

 

「iphone e六法」と検索してみてください。

 

まとめ

スマートフォン、iphone向けの六法アプリを紹介しました。

今回は上記の3種類を紹介させていただきましたが、このようなアプリは日々進化を遂げています。今後も様々なアプリが登場することでしょう。

 

行政書士試験を突破するために、条文の知識は言うまでもなく必須です。自宅や図書館などで学習される場合には、ポケット六法などの本でよいでしょう。

ただ、外出先や通勤中の電車の中などで学習される場合には、今回紹介しました六法アプリの方が向いているかもしれませんね。

ただ、当然ではありますが、以前紹介しましたポケット六法の書籍の方が、載っている法律の数は充実しているので、あくまで外出先での利用など、六法が手元にない場合などに使いましょう!