これから行政書士試験を受験しようとお考えの方に向けて、行政書士試験の概要をお話ししたいと思います。

 

合格に向けて、まずは行政書士試験の何たるかを知っておきましょう。

 

ここでは、国家資格である行政書士試験の受験資格、試験科目、試験の日程、受験手数料についてご説明します。

また、行政書士試験の勉強法についてもお話しします。

 

 

行政書士試験の概要

下記は、毎年の行政書士試験についての情報が掲載される、行政書士試験研究センターのHPより抜粋したものです。

 

行政書士試験を受験される方は、上記のHPをお気に入りに追加し、定期的に確認するようにしましょう。

たまに情報が更新される場合があるためです。

 

受験資格

年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験できます。

 

試験日及び時間

毎年1回、11月の第2日曜日  午後1時から午後4時まで

 

試験科目と内容等

・「行政書士の業務に関し必要な法令等」(出題数46題)

憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、試験を実施する日の属する年度の4月1日現在施行されている法令に関して出題します。

・「行政書士の業務に関連する一般知識等」(出題数14題)

政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

 

試験の方法

試験は筆記試験によって行います。出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。

 

試験場所

毎年7月の第2週に公示します。現在のお住まい、住民票記載住所に関係なく、全国の試験場で受験できます。

 

受験手数料

7,000円

一旦払い込まれた受験手数料は、天災等の事由により、試験を実施しないこととした場合等以外は返還しません。

 

行政書士試験は誰でも受験ができる!

 

上記のとおり、行政書士試験では、受験資格に必要な条件がなく、誰でも受験できるのです。年齢制限もありません。

 

ちなみに、平成29年度の試験では、合格者の最年長は75歳、最年少は18歳でした。

 

私はもともとIT企業で勤務していましたが、あまりのサービス残業地獄と、年中出張で実家に帰れないことから退職を決意し、行政書士試験の受験を志しました。

 

このように、心機一転、人生をやり直そうとする場合や、定年後のお仕事としても、行政書士は大変役に立つ資格であるといえます。

 

受験料も7,000円とそこまで高額ではありません。(試験によっては〇万というのもありますから・・・)

 

法律の知識が問われる試験科目・・・ 勉強方法は?

 

それでは、試験科目の話に移りましょう。

 

行政書士試験の試験科目を見て、頭が痛くなった方がいらっしゃるかもしれませんね。私も最初はそうでした(笑)

難しそうな法律がたくさん登場していますよね。さすがに、これらをすべて独学で勉強するのは難しいと思います。

 

そもそも、どのようにして勉強していけばいいのかさえ、わからないはずです。

 

 

参考として、2度目の受験で合格を手にした私なりの勉強方法をご紹介します。

 

私の場合は、ユーキャンの通信講座を受講しました。さすがに、いきなり何をやっていけばいいのかさっぱりわからなかったからです。

 

とりあえず、何をやればいいのか教えてほしい、本試験までの学習予定を立ててほしい、というように導いてほしかったのです。

 

なぜユーキャンの通信講座を選んだのかは、知名度が高く、実績も高いためです。広告もバンバン出ていますよね。

 

ユーキャンの通信講座を受講するメリットについても是非ご覧ください^ ^

 

 

また、理解の足りない部分は書籍を購入するなどして、対応しました。

 

通信講座で学習の基盤(土台)を固め、それでもわからない点などは、他の参考書や問題集の力を借りる、という具合です。

 

行政書士試験のおススメの参考書・問題集についても大切なので読んでみてくださいね^ ^

 

 

行政書士試験の勉強には、予備校に通うという選択肢もあります。ですが、私は通いませんでした。

家から出たくないのと、予備校は授業料が高い、というのが理由です。

 

通信講座と書籍で、6~7万円は使いました。ですが、惜しいとは思っていません。将来の自分への投資と思っていましたから。

その費用で独立してずっと働いていけるのですから安いもんです。

 

まとめ

行政書士試験の概要と、試験勉強の方法についてご説明しました。

私も元々はIT企業勤務であったので、法律というまったく別次元の世界に突き進むということになり、最初は何から手を付けていけばいいのか、さっぱりわかりませんでした。

それでも、今では行政書士として開業する道を歩むことができました。

 

行政書士に少しでも興味を持たれた方は、ぜひとも受検してみてください。きっと、新しい道が開けるでしょう。