2025年の国際博覧会(万博)は、日本の大阪で開催されることが決定しました!

大阪万博の開催は、1970年以来の2回目となります。(55年ぶり)

 

2020年の東京五輪・パラリンピックの先にも新たな目標ができ、日本にとって活力になると思います。

 

ただ、会場建設費が膨大などの理由から、開催に否定的な意見も出ているようです・・・

 

 

万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」

(出典:https://www.expo2025-osaka-japan.jp/overview/)

 

2025年開催の大阪万博のテーマ(合言葉)は、「いのち輝く未来社会のデザイン」とのことです。

万博では、健康、医療、長寿に関する最新技術を集結させ、世界へ発信するようです。

 

万博開催地の投票では、この合言葉が多くの国から気に入られ、日本が選ばれたとのこと!

 

南米ガイアナの大使は投票後、次のように支持した理由を述べています。

 

日本が健康に関する最新技術を世界に惜しみなく提供すると約束したことが、特に魅力的だった。

(出典:静岡新聞記事)

 

大阪万博のテーマ(合言葉)は健康に関心を持つ多くの国に受け入れられたことがわかります。

 

開催期間、会場、建設費その他の費用

大阪万博の開催期間は、2025年5月3日~11月3日の185日間です。

会場は大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)内となっています。

 

以下、万博開催にかかる費用を記載します。

 

  • 会場建設費 約1250億円
  • 運営費 約820億円
  • 関連事業費 約730億円
  • 経済波及効果 約2兆円
  • 想定来場者数 約2800万人

 

このとおり、万博を開催するということは建設、運営、その他関連する事業と膨大な出費となります。

経済波及効果が約2兆円と想定されているそうですが、万博を成功に導くことができなければ大変なことになってしまいます・・・

 

また、上記は現段階での費用の見積もりですので、あとあと色々と問題や課題が生じて、最終的にはさらに増えるかもしれませんね。

 

いずれにしても、大阪開催が決まったので、ぜひ大成功へと導いてほしいと願っています!

 

 

以下、大阪万博HPに掲載されている施設の予想図を載せます。

 

会場内の5カ所に「空」(くう)と呼ばれる大広場を設置。 AR(拡張現実)·MR(複合現実)技術を活用した展示 やイベントなどを行い、来場者の交流の場とする。

 

南西側を望む夕景の会場鳥諏図。淡路島、明石海峡大橋を 背景に美しい景観が広がる。

(出典:https://www.expo2025-osaka-japan.jp/overview/)

 

大阪万博開催に否定的な意見も・・・

 

上でご説明したとおり、万博開催にはかなりのお金がかかります。

そのため、次のような不安、否定的な意見も散見されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在日本では、介護、子育て、待機児童など多くの課題を抱えています。

ただでさえ政府はこれら社会福祉に充てる財源に困り、消費税やその他の税を増税させているのに・・・結局困るのは国民なのに・・・

 

という意見がいくつかありました。

 

とにかく決定した大阪万博を大成功させ、経済波及効果に期待し、日本が少しでも潤うことを願うばかりです。