もう10年以上前の話ですが、当時中学1年生だった僕がイジメを自力で解決した方法をお話ししてみようと思います。(本当はあまり思い出したくない話ですが^^;)

 

イジメられた原因について・・・

とくに転校などしなければ、基本的に小学校の友達がそのまま同じ校区の中学へ進学しますよね。

ですが、僕は小学校卒業と同時に引っ越しすることになったので、それまでとはかなり離れた校区の中学校へ入学することになりました。

 

中学では、ほとんどの人が友達同士で、僕は誰も知らないし、当然誰も僕を知らないわけで、かなり浮いていましたね(汗)

それで、たまたま最初にお隣さんになった奴がかなりの悪ガキで、めちゃくちゃイジメられました。(笑)

 

1対1なら堂々と喧嘩して仲直り、とできたかもしれませんが、相手は集団だったので喧嘩する勇気もなく、ただされるがままでした・・・

といってももともと臆病で静かな性格だったので、喧嘩する勇気などあるわけありませんでしたが^ ^;

 

今思えば、最初が肝心なので、「おい、ヤメローーー!」とぶち切れてしまえば収まったかもしれませんが。

 

夏休み明けの「イジメ自然消滅」を期待するも・・・

そしておそらく誰もが期待するのが、夏休みなどの長期休暇に入れば、みんなイジメのことなんて忘れてしまうのではないか!?ということではないでしょうか?

僕もそれに期待してルンルン♪気分で2学期に入りました。

 

でも結果は×でした。誰もイジメの事実を忘れることなく、夏休みなどなかったかのように、また当たり前のようにイジメが再発です。

そこで、このままではダメだと思い、何か考えなければ・・・と毎日悩みました。

そこで、ある1つの方法にたどり着きました。

 

自力でイジメを解決した方法⇒イメチェン

僕がイジメを解決する方法として選んだのが、イメチェンでした。

当時の僕は背は高かったですが、前髪がだらーんと長く、メガネで、いかにもひ弱そうな外見をしていました。

これを変えて、男らしくなるように努力しました。

 

とはいっても、やったことはいたって簡単です。

髪の毛を全体的に短くカットし、頭全体にワックスを付けて、髪全体を立たせて登校しました。(まさに下画像のような感じでした)

 

 

メガネはあいかわらず付けていましたが、髪型が変わるだけでかなり印象が変わったのが自分でもわかりました。

 

これが効果的だったのか、イジメはなくなっていきました。成功したときはとても嬉しかったですね。

当時は頭にワックスを付けて登校する生徒なんてほとんどいなかったので、余計に効果的だったかもしれません。

 

ここまで読まれると、中には「ワックスなんか付けて、先生に怒られないの?」なんて疑問を持たれる方がいるかもしれません。

ですが、僕は先生にイジメのことをよく相談していましたし、僕は普段勉強、部活を一生懸命頑張っており、素行も良かったので、「イジメを解決するためには仕方ない」と理解してくれていたように思います。

 

僕は男なので、イジメを解決するために男らしくを意識したわけです。

外見を変えたら内向的だった性格も変わり、だんだん弱気が直っていきました。