毛穴&角栓オバケの僕が巷で話題のフェイススチーマー試してみました。その結果と感想を記していきます。

 

 

 

スポンサードリンク

フェイススチーマーを購入したきっかけ

そもそもなぜ僕は男なのにフェイススチーマーなんて機械を買うことになったのか・・・

 

僕は高校生くらいから顔全体の皮脂毛穴の開きに悩まされてきました。同じ悩みを抱えている方なら理解してくださると思いますが、顔中の毛穴が開き、いっつもテカテカである苦しさ・辛さは計り知れません。

今は30台前半ですが、今現在も悩みは継続しています(泣)

 

ネットで調べると、とにかく正しい毛穴&角栓ケアが大事!と書かれています。そして、肌を傷つけることなく毛穴と角栓ケアができるのが、フェイススチーマーを使った方法であると説明されていました。

 

理屈は簡単で、フェイススチーマーで40℃くらいの温かい蒸気を顔にあて、顔を温めて毛穴を開かせます。続いてきめの細かい泡で洗顔することで、毛穴の汚れが落ちるということでした。

とりあえず騙されたと思ってこのフェイススチーマーを購入してみました。

それが、以下のものです。

 

 

フェイススチーマーって結構色々な種類があって、値段もピンからキリです。なかには数万円するようなものもあります。

ですが、僕が金欠なのと、「どうせ温かい蒸気させ出れば効果は同じ!」と判断して上記のリーズナブルな商品を購入したわけです。

 

フェイススチーマーを使ってみた感想

上でご紹介したフェイススチーマーの使い方は簡単でした。商品後ろ側についているタンクに水を入れ、スイッチをONにするだけです。

操作がシンプルなのは非常に好感を持てました。

 

蒸気が出てくるまで、2~3分はかかりました。その間、僕はフェイススチーマーとにらめっこしながら、「まだかな~?まだかな~?」とずっと待っていました(笑)

そして、その時がやってきました!!

 

 

蒸気出たーーー!!!

 

これでやっと僕の肌もキレイになる。毛穴が開いて、洗顔で汚れがみるみる落ちる~♪

と興奮を抑えきれませんでした。

 

ですが、その期待はほんの10分程度で砕けました

 

嘘だろ・・・毛穴開かねぇじゃねーか

 

さて、フェイススチーマーの蒸気を顔にあてつつ、10分くらいが経過しました。

手鏡で顔を確認してみると、とくに毛穴が開いている感じはありません。顔全体は火照っているのですが、毛穴が開いていないのです。

 

「時間がまだ足りないのかな?」と思い、それからさらに10分間くらい頑張りましたが、やっぱり顔が火照るだけで毛穴の開きは感じられませんでした。

その後すぐ風呂へ行き、洗顔しましたが、当然毛穴に詰まった角栓や汚れは落ちていません。

 

今回も効果なしか・・・奈落の底へ突き落された気分でしたね(笑)

 

まあ安いのがダメだったのか、そもそもフェイススチーマー自体に過度な期待をしてはいけないのか・・・

真実はわかりませんが、とりあえず僕の毛穴には効果を実感できませんでした。

 

スポンサードリンク

保湿、血行促進には効果ありのフェイススチーマー

 

皮膚を温めるという意味では、フェイススチーマーは保湿にもなるし、血行促進の効果も期待できるでしょう。

冬などは空気も乾燥しますし、部屋に1つ置いておけば安心ですね。

とくに冷え性の方には効果を実感できるかもしれません。試してみるといいかも!?

 

風呂の方が毛穴はしっかり開く!

 

もうこれは経験則からして、ご存知の方も多いと思いますが、風呂に入って温かいシャワーを当ててる方が、よっぽどしっかりと毛穴は開きます。

風呂に鏡がついていれば、見てみてください。洗顔後とか、白くなった角栓がニョキッと顔を出していますから。

 

つまりは、毛穴を開かした状態で洗顔することで汚れが落ちるというのであれば、湯につかって体全体を温め、それから洗顔するのが良いかもしれませんね。

 

ちなみに、これは僕の体験談ですが、風呂に入った直後(白いニョキが出ている状態)に顔パックをやった方が角栓は沢山とれます。

蒸しタオルやフェイススチーマーよりも効果は絶大でした。

やるかやらないかはあなた次第です(笑)