高校生、もしくは大学生の皆さんで、IT企業へ就職してみたいと考えている方は少なくないでしょう。

専門高校でプログラミングを経験したとか、情報系の大学に進学した方などは、そのままIT企業へ就職しようと考える方は多いと思います。

 

私は大手IT企業で数年働きましたが、次のように考えています。

 

プログラミング大好き人間でなければ、IT企業ではやっていけません!

 

あくまで私の独断と偏見ではありますが、私の周りの社員も、このように考えている方はたくさんいました。

 

なぜ、このように思ったのか、その理由を以降でお話ししていきたいと思います。

 

 

IT企業での主な業務内容はプログラミング

 

ほとんどのIT企業では、プログラミングがメイン業務といってよいでしょう。

他にも仕様書や設計書、テスト計画書などのドキュメント類を作成する作業も混じりますが、大体はプログラミングに費やす時間が多いと思います。

 

というわけで、プログラミングがどうしても苦手な人や、プログラムのソースコードを見ると頭が痛くなるような人は、IT企業に就職することは、あまりおすすめできません・・・

 

IT企業によっては、プログラミングをやる度合いが様々でしょうから、事前に企業調査をしておくべきでしょう。

 

 

私は大学で情報学を専攻していたため、プログラミングの知識もある程度あり、その延長上でIT企業に就職しました。

 

大学が情報学だったのだから、IT企業でいいだろ。」と単純に考えており、別の業界へ就職することなんて一切考えていませんでした。

というより、大学の就職担当の教授が、「君たちはIT企業に就職した方が良い。これまで学んだことを武器にできる!」というように、IT企業推しだったのもありますが。

 

このような状態で、大手のIT企業に就職したわけですが、見事に撃沈されましたね(笑)

実際、そこまでプログラミングが好きであったわけでもなく、仕事とわかっていても、モチベーションが上がらないわけです。

 

当然、仕事なので、要求されるレベルの結果を出さなくてはならず、それがまたストレスになるわけです。

 

他人が書いたプログラムを解読することも多々ある

 

なにも、常に新しいプログラムを作らせてもらえるわけではありません。

ときには、過去に誰かが作成した古いプログラムをメンテナンスしたり、改良したりすることだってあります。

 

つまり、自分が書いたプログラムだけでなく、まったく知らない他人が書いたプログラムも解読する必要があるのです。

 

自分が書いたプログラムならば、どこで何をやっているのか、なぜその構文を使っているのかがわかりますよね。

ですが、他人が書いたプログラムの場合、いったい何をやっているのか、なぜこの構文を使っているのかがわからない場合も多々あります。解読に時間がかかってしまうわけです。

 

最近作成されたものであれば、設計書などが残っていて、それを参照しながらプログラムを解読することも可能です。

ただ、かなり古いプログラムとなると、設計書が残っていないということも、しばしばあります。

こうなると、パソコンの画面と何時間も格闘しながら、1行1行見ていかなくてはなりません。

 

趣味で休日もプログラミングをする人がいる

 

ガッチガチのIT企業となると、なんと趣味でプログラミングをしている人がいたりします。

 

ふと同僚に、「休日は何やってるの?」と聞いてみると、「Javaでゲーム作ってるよ」という返答があったときには、正直唖然としました。

もしくは、業務の効率化をするためのツールをJavaやPerlといった言語で作っている、という方も結構いました。もちろん業務時間外での話です。

 

入社して1年目の頃、私は、「ここまでやらないと、この会社ではやっていけないのか?」と怖くなったのを覚えています。

 

このような人たちは、仕事の業績もなかなかのものでした。

 

やたらコンピューターに詳しい人が沢山いる

 

そもそもコンピューターをいじるのが大好きという社員も結構いました。

 

つまり、業務に関係するプログラミングの知識だけでなく、WindowsやLinuxといったOSにもとても詳しいということです。

 

まあこの点については、長年IT企業に勤める中で、次第にできるようになることではありますが。

 

あとは、私の場合は上司から、「社内のネットワーク環境の管理やって~」と任されていたので、それもやっていました。

ちょっと間違えると、社員がネットにアクセスできなくなり、大変なことになるので、責任は重大でしたね。

 

このように、ソフトウェアだけでなく、ハードウェアの知識も要求されることがあります。

 

デバッグ大好き人間がたくさんいる

システム開発なんかをやっている会社では、当然、開発したシステムのテストもやることになります。

テストの中で、とくに問題が発生しなければよいのですが、基本的にそう思い通りには進まないのがテスト工程です。

 

テストでエラー、バグといった不具合が検出されると、原因と思われるソースコードを確認していくことになります。つまりデバッグ作業ですね。

他人が書いたプログラムや、古くなったプログラムを1行1行解読していくわけです。

 

この作業が、私は大嫌いでした。

先ほどもお話ししましたが、他人が書いた訳の分からないコードを解読して、間違い探しをしなければならないのです。

 

先輩社員が私に、「デバッグ作業が楽しんでできないようでは、この仕事は向いてないよ」と言ったのを覚えています。なかなかショックでしたね。

 

異国の言葉?が飛び交う会議室

 

当然ですが、IT企業ではカタカナの用語が常に飛び交っています。

会議中なんかはとくにひどく、「日本語でお願いします!」とつい言いたくなってしまったことは何度もありました(笑)

 

大切な会議なので、聞き漏らさないようにしたい・・・

でも何を言っているのかわからない・・・

 

入社後1年目は、ひたすらわからない言葉をノートにメモして、自宅で一生懸命調べていたのを思い出します。

 

ちなみに、一般的なコンピュータ用語ならば、検索すれば出てきますが、昔のホストコンピューター時代の用語などは、調べても出てこないことが多く、結構大変でしたね。

 

様々なプログラミング言語を理解する必要がある

一般的なプログラミング言語といえば、C、C++,Javaなどでしょうか。

大学や高校で、これらの言語を教わることは多いですよね。

 

ただし、職場でそれらの言語を使えるとは限りません。場合によっては、まったく見たことも、聞いたこともない言語を使うことになる場合もあるでしょう。

 

ですから、特定のプログラミング言語にこだわりがあるような場合には注意が必要です。

言語を問わず、プログラミングが好きになれなければ、IT企業でやっていくのは難しいかもしれません。

 

まとめ

私が大手IT企業に数年間勤務してきた中で感じ取った、IT企業でやっていける人についてお話ししました。

もちろん、この記事で述べたことがすべてではありませんし、プログラミングが嫌いでも、IT企業で業績を残される方はいらっしゃるでしょう。

ただし、そのような人は少ないと思います。嫌いなことで成果が出せるのは、本当に才能をもった頭の良い人でしょう。

残念ながら、私には才能も良い頭も持ち合わせていなかったので、数年間苦労することになってしまいました。

 

IT企業の就職を考えている方は、是非参考にしていただき、「本当に自分に合っているのか」をよく考えてみてください。

もちろん、この記事で取り上げた内容がすべてではないので、いろいろと調べてみましょう。そして、いろいろな人の話に耳を傾けましょう。

 

当然ですが、楽しんで仕事ができるなら、その分素晴らしい業績を残すでしょう。

そんな方々が沢山働かれている企業の製品であれば、私たちも安心して使用することができますね。