独立したい人、フリーランスを目指したい人は要注意です。

計画的に物事を進めていかないと、貯金があっという間になくなり、サラリーマンへ逆戻りすることになります。

執筆者について

こんにちは、たかじんです。

僕は新卒から大手IT企業に入社し、プログラマーとして働きましたが、独立を考え3年後に退職しました。

退職当時は貯金が600万円ありましたが、たったの3年でなんと150万円まで減少しました。その理由を後ほどお話しします。

記事の内容
  • 貯金はあっという間になくなる話
  • 3年間で600万円⇒150万円に減少したわけ
  • 独立開業/フリーランス目指す人に大切なこと

独立する人、フリーランス目指す人は注意!貯金はすぐなくなる

世の中にはサラリーマンとして消耗していく生活に疲れ、独立したい、、フリーランスになりたい、、という願望を持つ方が多いと思います。僕もその一人でした。

でも会社勤めを何十年もしていた方を除き、僕のように新卒から3年で独立するような場合、貯金はそこまで溜まってはいないと思います。

この場合、退職してから独立するまで、あるいはフリーランスとして安定するまで時間がかかるほど、当然ですが貯金はどんどん減っていきます。

夢を追いかけるにもお金が必要です。生活費がなくなったら、最悪はサラリーマンへ逆戻りとなります。これでは何のために退職したかわかりません。なら辞めない方が会社での地位や給料も安定していたはずですから。

貯金が3年で600万円から150万円になりました【体験談】

退職時に600万円貯金があって浮かれていた僕ですが、3年後には150万円まで減少するという泣きたくなる状況に陥っています。

大まかな出費内訳は以下のとおり。

  • 生活費:10万円/月×12ヶ月×3年=360万円
  • 年金:約20万円/年×3年=60万円
  • 通信費:2千円/月×12ヶ月×3年=7万2千円
  • 交際費:30万円(3年で)くらい

上に挙げたのはあくまでメジャーな出費です。実際は細々したものもあります。

僕は実家暮らしだったので、生活費は10万円で済みました。これは実家に入れている金額です。一人暮らしなら、もっとかかるかもしれません。

退職して気づくのが、国民年金の負担の辛さです。けっこう重いです。

通信費には携帯電話(スマホ)料金を入れています。僕の場合はブログを運用しているため、サーバー代なども別途かかってはいます。。

交際費は3年間で30万円ほど。かかる人はもっとかかるかと。

なぜ独立まで3年もかかった?⇒資格取得・開業準備が理由

なぜ独立まで3年もかかってしまったのかというと、資格取得の勉強、開業準備に時間がかかったためです。

僕は行政書士になることを夢みて退職しました。行政書士試験は1年に1回なので、そこで不合格だと翌年に持ち越しです。僕は2回目の受験で合格できました。ここでまず時間を要しました。

さらに、試験に合格したからといって、すぐに開業してしまうと失敗します。理由は何の準備もしていないと、仕事の仕方から集客方法まで無知だからです。

行政書士の場合は開業するために行政書士会に入会が必要であり、毎月会費がかかります(6000円/月)。なので、下手に急いで開業してしまうと、お金は出ていくけど収入0という最悪なケースとなります。

アルバイトをする選択肢はなかった⇒勉強に一極集中

仕事辞めたなら、毎日アルバイトすれば良かったのでは?と思われそうですが、最初から僕にその選択肢はありませんでした。

理由は、バイトしている暇があったら、猛勉強して早く資格取得をしたかったからです。

確かにアルバイトすればそこまで貯金は減らなかったと思います。ですがそれで疲弊して勉強へのモチベーションに影響するくらいなら、僕は貯金が減る方をとります。

貯金が減るという恐怖が、僕が毎日10時間くらい勉強するためのモチベーション維持に働いていたのは事実です。

逆にバイトして中途半端に貯金が増えれば、それが緩みとなり、焦りも生まれず、勉強のモチベーションが低下していたかもしれません。

資格取得を目指す人は注意⇒他人事ではない話

独立開業するために何かしらの国家資格を取得する必要があるなら要注意です。理由はすぐに開業できないからです。

資格とって開業すると言っても、その資格に一発合格できる保証なんてありません。高度な資格ってだいたい1年に1回なので、下手すると何年もずるずる先延ばしになる危険があります。

こうなると気が緩んで、バイトで生計を立てるようになるか、サラリーマンに逆戻りすることになります。とはいえ、サラリーマンに戻れる保証も確実ではありませんよね。

たとえば税理士、弁護士など、何かしらの国家資格をとって独立開業を目指すなら、このあたりは注意した方が良いかと。

貯金をたくさん貯めてから退職するか、バイトと勉強を両立できるスケジュールを立てるかです。

【重要】フリーランス目指す人は計画的にスキルを伸ばすべき

今の時代、フリーランスとして、たとえばプログラミングで生計を立てたいと考える方が増えているようです。AIやVRなどが発展している今、プログラマーの需要は今後ますます伸びていくためです。

フリーランス目指している人にも注意が必要でして、つまりいつまでにスキルを伸ばして、いつまでに仕事(案件)を受注できるようになるかです。

たとえばエンジニアとして働いていた人なら、退職後にそのスキルを活かしてすぐ活躍できる方もいるでしょう。

でも未経験者だったら…?スクールや本で猛勉強してスキルをゼロから身に付けていくことになります。仕事を受注できるようになるまでには数か月~数年かかるかもしれません。

なので、安易に考えることはできません。稼げるようになるまで時間がかかれば、その分貯金もどんどん減っていきます。

フリーランス目指す方は、案件受注ができるまでのロードマップを具体的に立てていく必要があります。

対策:効率的に知識・スキルを伸ばしていく方法

独立までに資格取得が必要な方

まずは資格の取得を第一に考える必要があります。それができなければ先に進みませんので。。

ここで挫折しないために考えられる対策としては以下のとおりかと。

  • 資格の予備校に通う
  • 通信講座を利用する
  • 良質な参考書、問題集を買う(独学)

独立まであまり時間をかけたくないのであれば、予備校に通うか、通信講座を利用すると良いです。独学を否定はしませんが、それなりの時間は覚悟しておくべきかと。

資格取得から開業まで

資格取得ができれば残すのは開業だけです。ここで実務の学び方ですが、次のような選択肢があります。

  • 同業他者の事務所で働かせてもらい実務に慣れる
  • 実務に関する書籍を購入する

実務に慣れる目的で同業他者の事務所で働く期間は1年程度で良いかと思います。

エンジニアとしてフリーランスで生きていく方

エンジニアとしてフリーランスで生きていくならば、それなりのスキルやノウハウが必要となります。一般的に考えられるのは以下の方法です。

  • エンジニア向けのスクールに通う
  • 技術書を買ってみる

比較的短期間で稼げるようになりたいなら、スクールに通うのがおすすめです。半年程度で企業で必要とされるレベルのスキルが身に尽きます。

まとめ

独立するにもフリーランス目指すにも、いきなり即戦力で稼げるわけではありません。知識・スキルを伸ばす間にも貯金はどんどん減っていきます。夢を追うだけでなく、現実的なことも計画的に考える必要があります。