脂性肌、乾燥肌、敏感肌、ニキビ、毛穴、シワ、くま、、、肌トラブルを挙げればきりがないですが、本人にとっては本当に辛い悩みですよね。

この記事では、長年肌トラブルで悩み続け、自らの肌を実験台に知識を蓄えてきた僕が、肌トラブルを改善する方法を解説していきます。

皆様に言いたいことは1つだけ。希望は最後まで捨てないでください!肌トラブルは必ず解決できます。

この記事の内容
  • 肌質の見分け方、正しい保湿の知識、やり方
  • ニキビ、毛穴、皮脂、乾燥、シワ、目のクマなどの原因と改善方法
  • 絶対にやってはいけないNGスキンケア(すべて経験談)

前置き

こんにちは、たかじんです。

僕は高校生の頃からいつも顔全体がテカっていて、毛穴や角栓で悩んできました。脂性肌だと思っていたので、頻繁に洗顔、あぶらとり紙を使っていたのですが、全く改善せず、むしろテカリが酷くなってました。

そして、30代になってやっと自分が「インナードライ肌」ということに気づきました。つまり肌内部は乾燥していて、そのせいで皮脂が過剰に出ていたのです。

そこから適切なスキンケアを勉強して継続したところ、皮脂や毛穴で悩まされることがなくなりました。

自分の本当の肌質を知ること、そして適切なスキンケアを継続することの大切さを実感しました。

この記事が皆さまの肌トラブル改善のお役に立てれば幸いです。皆で美肌を目指しましょう!

スキンケアの第一歩!「自分の肌質」を知ろう!

肌トラブルを抱えている方の中で、おそらく自分の本当の肌質を知らないという方が多いと思います。僕がつい最近までそうだったので、声を大にしては言えないですが。。

スキンケアの第一歩は自分の肌質と向き合うことでもあるので、これができない以上、そこから先へは進めません。つまり、一生美肌にはなれないということです。

なので、まずはご自分の肌質を知ることから始めましょう。肌質には全部で5種類あります。その5種類とは以下のとおりです。

  • ノーマルスキン
  • ドライスキン
  • オイリースキン
  • インナードライスキン
  • コンビネーションスキン

ちなみに僕はインナードライスキンでした。。

5種類ある肌質の見分け方、特徴、それぞれの改善方法については「知ってた?悩める肌質は全5種類&対策もバラバラ|肌質の特徴とケアを解説」でくわしく解説しています。

スキンケアの基本は「保湿」です【美肌を目指す】

美肌を目指す上でとにかく大切なのが、肌の保湿です。そして保湿は保湿でも、的を射た保湿をしてあげる必要があるのです。適当な化粧水を顔に付けているだけではダメということですね。

そもそも肌が水分を保持できるのは、以下の3因子の働きによるものです。

  • 細胞間脂質
  • 天然保湿因子(NMF)
  • 皮脂膜

細胞間脂質は主にセラミドで構成されています。天然保湿因子は主にアミノ酸で構成されています。これらの因子が加齢や乾燥で減少すると、肌は水分を保持できなくなり、様々なトラブルを引き起こすのです。

なので、これを改善するためには、必要な成分が配合された化粧品を使用する必要があるわけです。

化粧水や乳液を付けているのに、なぜか保湿されていない、、、こんな経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。おそらく原因は的を射た成分が配合されていなかったことではないかと。

これら3つの保湿因子が減少する仕組み、正しい保湿方法を化粧水、美容液、乳液、クリームにわけて解説しています。「その保湿NGかも!【肌の保湿3成分+乾燥の原因】とおすすめ化粧品を解説」をご覧ください。

悩める肌トラブルと改善方法まとめ

おそらく大部分の方が悩むであろう肌トラブルとして、ニキビ、毛穴、脂性肌、シワ、クマについて、その改善方法を取り上げていきます。

脂性肌の原因が実は乾燥だったりするので、乾燥肌の方もぜひご覧ください。

ニキビの悩み

ニキビには思春期ニキビから大人ニキビまで年齢を超えて悩まされると思います。ニキビを改善するために、まずは4種類あるニキビ(白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ)のできる仕組みを知っておきましょう。

そもそもニキビができる3大要素は以下のとおりです。

  • 肌に角質がたまる
  • 皮脂の過剰分泌
  • ニキビ菌(アクネ菌)が増殖する

つまりこれらを予防できれば、ニキビはできなくなるわけですね。具体的な予防方法、ニキビの治療方法、おすすめ化粧品は「あなたはどのタイプ?4種類あるニキビ・吹き出物と【原因+治し方】」で解説しています。

何やってもどうしても治らない方のための最終手段も提案しています。ぜひお試しください。

毛穴の悩み

毛穴トラブルを抱えている方は非常に多いはず。僕がその一人でした。

毛穴には大きく分けて4タイプあって、具体的には以下のとおりです。

  • 開き毛穴
  • 黒ずみ毛穴
  • たるみ毛穴
  • 乾燥毛穴

それぞれに毛穴のできる原因があって、改善方法も異なります。つまりはタイプごとに適切なスキンケアを施さないと、毛穴は改善しないということです。

4タイプある毛穴の改善方法、おすすめスキンケアは「失敗しない毛穴ケア:目立つ毛穴は4種類ある!それぞれの特徴と対策!」で解説しています。

思春期は皮脂の分泌が過剰となるので、中学生、高校生くらいから毛穴や角栓で悩まれる方は多いと思います。ですが、まだ若いので、肌の代謝やターンオーバー、保湿能力も十分高いはず。

とはいえ基本的なスキンケアである保湿は必要ですね。高校生なら安いワセリンを顔全体に薄く延ばす程度で十分です。その理由は「高校生向け:毛穴・角栓対策は安いワセリンで十分【理由+おすすめ】」で解説しています。

脂性肌(オイリー肌)の悩み

脂性肌(オイリー肌)でお悩みの方は非常に多いかと思います。日中テカっていると見栄えも悪くなりますし、女性ならお化粧直しが定期的に必要だったりしますよね。

皮脂が過剰に出ることで毛穴開きの原因となりますし、皮脂が酸化することで黒ずみにもなります。角栓が気になる方も多いでしょう。

僕は高校生からこの脂性肌に悩まされてきたので、かれこれ15年以上必死にスキンケアを試してきました(泣)

そんな中で、脂性肌に効果のあったスキンケア、なかったもの、NGなケアなど知識が溜まってきたので公開します。

ランキング:オイリー肌改善に【効果あり+NG】なスキンケア・対策

 

あまりにも皮脂で悩んでいた頃、美容クリニックで皮脂腺破壊(別名:小林メソッド)という治療を試したことがありました。値段がかなり高額でしたが、そこそこの効果はあったと思います。あくまでそこそこですが。。

皮脂腺破壊治療の費用、治療方法、効果などは「美容クリニックで皮脂腺破壊を6回体験!料金、効果、デメリット5つを紹介」で解説しています。よければご覧ください。

 

サプリメントで皮脂過剰の改善をしたいなら、パントテン酸がおすすめですね。別名ビタミンB5です。

ただ、僕の経験上、パントテン酸を単体で摂取するよりも、乳酸菌と一緒に摂取する方が皮脂の減少に効果的でした。理由は、乳酸菌が腸を整え、パントテン酸の吸収を促すためです。

具体的なことは「パントテン酸じゃ皮脂減らない?【ヒント:乳酸菌】⇒効果なしなら…」で解説しています。

シワの悩み

30代を過ぎてくると、肌のシワで悩む方も増えてきますよね。とくにシワができやすいのが目じり、口の周りなどです。小ジワならばスキンケア次第ですぐ解決しますが、深いシワになってしまうとスキンケアだけで解決は困難になるかと。

深いシワになる前に正しい方法で改善していく必要があります。シワには以下の3タイプがあります。

  • 小ジワ(乾燥シワ)
  • 表情ジワ
  • 加齢ジワ

3タイプのシワごとに必要なスキンケアを「後悔しない:3種類あるシワの原因+改善方法、おすすめ化粧品を紹介」で解説しています。

目の下のクマの悩み

目の下にクマができていると、それだけで老けて見られたりと、あまり良いものではありませんよね。十分睡眠とっているのに、「寝不足ですか?」なんて聞かれたりすることもあります。非常に気分が悪くなりますよね。。

クマには以下の3種類があります。

  • 青クマ
  • 茶クマ
  • 黒クマ

それぞれの見分け方、消し方について「その目のクマ危険かも。クマができる【原因+消し方】と病気のケース」でくわしく解説しています。

なお、恐ろしい病気が原因でクマができる場合があるので、心当たりがある方は病院で受診されることをおすすめします。考えられる病気は上の記事で紹介しています。

原則NG!肌トラブルを悪化させるスキンケア【経験談から】

お話ししたとおり、僕は高校生から30代前半までインナードライ肌に悩まされてきました。今でこそ、正しいスキンケアを調べあげ、肌トラブルとサヨナラできましたが、そこに至るまでには多くの紆余曲折がありました。

間違ったケア、危険なケアも数多くやってきました。その結果、人前にマスクなしで出られなくなった経験も何度もあります。

皆さんには同じ間違いをしてほしくないので、僕の失敗談から知識を共有しておこうと思います。

水洗顔

水洗顔を1年間継続した結果、本当に人前にマスクなしで出られなくなりました。顔中がヤバい状態になります。試される方は自己責任で。。

【ヤバい・・・】朝・昼・晩で水洗顔を1年間続けた結果、大変なことに・・・

毛穴吸引器

毛穴吸引器ってけっこう人気商品ですよね。ユーチューバーの方も宣伝されていたりと。。

ですが、肌が弱い方、敏感肌な方は絶対にやらない方がいいです。最悪、内出血、青あざで悩まされることになります。

【後悔】毛穴吸引器で角栓とるのダメ!効果なし&危険なデメリット4つ

ピンセット

毛穴の角栓を簡単に引っこ抜けるピンセットですが、これも上手にいかないと、毛穴周りの肌をかなり傷つけることになります。そもそも角栓の根本的解決策ではないので、翌日には復活するしデメリットしかないかと。

【失敗】毛穴の角栓をピンセットで抜くのダメ!経験談+NGケア5選

重曹パック

重曹パックをご存知ですか?重曹は掃除や料理で使えますが、食用重曹ならスキンケアとして使用できるというものです。

重曹にはタンパク質の分解作用があるので、毛穴の角栓や角質を除去できると話題になりました。

ですが、僕の経験上、重曹パックは絶対にやらない方が良いです。理由は、肌へのダメージが甚大だからです。とくに敏感肌の人、スキンケアのやりすぎで肌が弱っている人はダメです。

僕は2回試しましたが、パック直後は顔が真っ赤になり、かなりヒリヒリして苦痛でした。肌はすべすべになりますが、ダメージの方が大きいので、NGですね。

敏感肌NG:毛穴の角栓ケアに重曹パック効果なし+激痛【経験談から】

剥がすパック

一番手軽に角栓除去ができる剥がすタイプのパックですが、これもNGです。まず効果の面からいうと、浅い角栓ならとれますが、深い毛穴の角栓はほぼとれません。

本来とれるタイミングでない角栓を無理やり引っこ抜くので、肌へのダメージが大きいです。ダメージを感じた肌は防衛本能により、さらに皮脂を分泌し、角栓を作り上げます。つまりパックをする意味はなしです。

【後悔】毛穴の角栓除去にパックはダメ!効果なし+デメリット4つ

フェイススチーマー

美顔器の1つにフェイススチーマーがあります。温風で毛穴を開かせたり、血行を良くしたり、肌を保湿してくれたりします

とはいえ実際に使ってみた結果として、まず毛穴は開きません。フェイススチーマーで毛穴を開かせ、洗顔して角栓をとろうとしたのですが、まったくとれませんでした。

血行促進という目的なら多少の効果は期待できるかと。

【結論】フェイススチーマーは効果ないです。毛穴開きません【体験談】

スキンケア歴15年!皮脂・乾燥に一番効果のあった化粧品【おすすめ】

肌トラブルで悩まれる方の中には、インナードライを改善した僕におすすめのスキンケアや化粧品を教えてほしい方もいるかもしれません。。いないかもですが^^;

たしかに肌トラブルの改善に至った神化粧品はあります。今も継続して愛用しています。

それは、オイリー肌特化型スキンケアのラシュレという化粧品です。

オールインワンゲルで、化粧水、乳液、美容液、クリーム、下地と1本ですべて完結します。おまけにテカらず、保湿が長時間継続するので、乾燥肌で悩む方や女性の方にもかなりおすすめですね。こっそり使ってみてください。

【ラシュレ-RaSuRe】開封の儀!レビューや使った感想、購入方法を解説!

まとめ

15年という長い年月の中で、僕が実際に自分の肌を実験台としてスキンケアを試みた中で蓄えてきた知識を共有してきました。できればいつまでも美肌でいたいですし、男であってもそれは同じことです。僕の経験が皆さんの美肌生活に少しでもお役に立てれば幸いです。

僕の15年間にわたる肌質改善の記録

美肌になるべく、この15年間で以下の様々なスキンケアを実践してきました!方法や結果、感想をまとめています。ぜひ一緒にお読みください。

美容クリニックで皮脂腺破壊を6回体験!料金、効果、デメリット5つを紹介

【ヤバい・・・】朝・昼・晩で水洗顔を1年間続けた結果、大変なことに・・・

ランキング:オイリー肌改善に【効果あり+NG】なスキンケア・対策

【ラシュレ-RaSuRe】開封の儀!レビューや使った感想、購入方法を解説!