ゼロからWebサイトを理解したい、作りたいと考えている方向けです。

いきなり作りだす前に、まずはWebサイトが表示される仕組み、Webサイトを構成する各種サーバーについて解説しておこうと思います。何事も基礎基本が大切です。

この記事でわかること!
  • Webサイトを構成する代表的なサーバーについて
  • ドメイン名とIPアドレスについて
  • DNSサーバーの役割について
  • Webサイトが表示される仕組み

Webサイトを表示するブラウザにはどんな種類がある?

各種のブラウザ

ブラウザという言葉についてはご存知ですか?ブラウザとは、パソコンやスマホなどに必ず搭載されていて、インターネットを閲覧するためのソフトウェアですね。代表的なブラウザとしては、以下に示すものがあります。

  • Microsoft Edge
    ⇒Windowsに標準搭載
  • Internet Explorer
    ⇒Windowsに標準搭載
  • Safari
    ⇒Mac/iPhoneに標準搭載
  • Google Chrom
    ⇒Androidに標準搭載
  • Firefox
  • Opera
    ⇒各ブラウザ会社が開発したもの

インターネットを閲覧できているということは、これらのどれか1つのブラウザを必ず使っているということですね。ブラウザという呼び名は覚えておくと良いです。

Webサイトを管理するにはサーバーが必要

これからWebサイトを作って管理していくのであれば、サーバーについても知っておく必要があります。

サーバーとは簡単に言えば、インターネット上に設置された高性能なコンピューターです。ユーザーからの要求に応答したり、必要な処理を行ったり、データを管理したりと様々な役割を担っています

一般的には、役割ごとに別々のサーバーが用意されます。

代表的なサーバーの種類と役割

以下に代表的なサーバーの種類をご紹介します。

  • Webサーバー
  • AP(アプリケーション)サーバー
  • DB(データベース)サーバー
  • メールサーバー
  • DNSサーバー

それぞれのサーバーについて深掘りして解説していきます。

Webサーバー

Webサーバーとは、Webサイトを構成するHTMLやCSS、画像といった各種ファイルが置かれるところです。

私たちは普段インターネットをするとき、知りたい情報をこのWebサーバーにアクセスして受け取っているのです。

つまり、これからWebサイトを作ろうとしている方は、このWebサーバーに自分が作ったHTMLやCSS、画像といった各種ファイルを保管することになりますので、必須のサーバーということですね。

AP(アプリケーション)サーバー

APサーバーとは、文字通りアプリケーションを実行するためのサーバーです。Webサーバーと次で紹介するDBサーバーの間に置かれ、2つのサーバーの橋渡しを行います。

Webサーバーからのリクエスト(要求)を受け取り、必要な処理(アプリケーション)を実行します。必要に応じて、DBサーバーにアクセスします。

WebサーバーとAPサーバーとDBサーバーの関係

DB(データベース)サーバー

DBサーバーではデータの管理を行っています。データベース管理システムが動いていて、APサーバーからの要求に応えるべく、必要なデータを検索したり、更新したりします。

メールサーバー

メールを送受信する際に利用するサーバーです。送信サーバー(SMTPサーバー)と受信サーバー(POPサーバー)で分かれています。

DNSサーバー

DNS(Domain Name System)サーバーはIPアドレスとドメインを結び付けるサーバーです。後程詳しく解説します。

ドメインって何?【答え:ホームページのアドレスです】

Webサイトを管理するのであれば、ドメインについても知っておきましょう。

インターネットをしていると、よく「〇〇.com」とか、「〇〇.co.jp」とかいうアドレス表記をご覧になったことがあると思います。ある企業のホームページとか、ブログとかで見かけますよね。

これらの文字列のことをドメインといいます。ドメインとは簡単に言うと、インターネット上での住所です。

たとえば、「www.sample.jp」なら、「sample.jp」の部分がドメイン名です。ちなみに「www」の部分をホスト名と呼びます。

ドメインは英語で[domain]ですが、”領域”という意味があります。

「www.sample.jp」にアクセスするということは、「sample.jp」というドメイン(住所)に存在するwwwというホスト名のサーバーにアクセスするということになります。

DNSサーバーの役割は?【ドメインとIPアドレスの対応付け】

DNSサーバーの役割(ドメインとIPアドレスの対応付け)

ドメインと同様に大切なのがIPアドレスです。IPアドレスとは、インターネット上でのコンピューターやサーバーの住所です。

「あれ、住所ならドメインと同じじゃない?」

と思いますよね。そうです。まったく同じ住所を指しています。

そもそもコンピューターやサーバーの本当の住所(アドレス)は、「192.121.XXX.XXX」というような連続した数字の羅列で表されます。これをIPアドレスといいます。

なので、本来なら私たちもインターネットを利用するとき、このIPアドレスを指定してアクセスしなければなりません。

でも、こんな数字の羅列なんて覚えられませんし、コンピューターなら解読できるでしょうが、人間にはできませんよね。

なので、無意味な数字の羅列であるIPアドレスと意味のある文字列のドメインを対応付けるシステムが必要となるのです。それがDNSサーバーです。

私たちがドメイン名を指定して検索をかけると、間にDNSサーバーが入って、指定されたドメイン名に対応するIPアドレスを教えてくれ、それに基づいてホームページが置かれたWebサーバーにアクセスできているのです。

Webページが表示される仕組み

最後にWebページが表示される仕組みについて理解しておきましょう。次の順序で私たちはインターネットで情報の閲覧ができています。

  1. 見たいサイトのドメイン名をURLとして指定する
  2. DNSサーバーがドメイン名に対応するIPアドレスを取得して返してくる
  3. IPアドレスに基づいて見たいサイトを管理するWebサーバーへアクセスする
  4. Webサーバーが要求した情報を返してくる

これをイメージしやすいように図でまとめたのが以下です。

Webサイトを閲覧できる仕組み

まとめ

Webサイトをこれから作成しようと考えている方のために、まず知っておきたいWebサイトに関する超初歩的な知識を解説してきました。私たちが何も考えずパソコンのモニターに向かって検索している裏で、インターネットという世界が広がっていて、様々なやり取りが行われているのですね。