盗撮=逮捕」というイメージがありますが、そもそも盗撮ってどんな行為?一般的な撮影との境界線は?と疑問の方は多いと思います。

また、被害者はいくら慰謝料がもらえるのか、相場も気になるかと思います。気になったので調べてみました。

この記事でわかること
  • 法律での盗撮の定義
  • 盗撮行為を規制する主な法律
  • 盗撮における慰謝料の相場
  • 服の上から撮影で盗撮に該当するケース

「盗撮」に関する法律の定義

法律では、盗撮について主に以下のような定義をしています。おそらく皆さんがお持ちのイメージとほぼ一致しているかと思います。

正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であって、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること

(出典:警視庁HP-迷惑防止条例

盗撮が問題となる場所、対象は概ね次の通りです。

  • 撮影場所
    公共の場所や乗物、通常は衣服を身に付けない場所
    例)駅、階段、公園、電車、バス、更衣室、銭湯、ホテル
  • 撮影対象
    裸体、下着
    ※場合によってはそれ以外

撮影対象についてですが、相手の裸体や下着姿でなくても盗撮に該当する場合があります。具体的には後ほどご紹介します。

盗撮行為を規制する主な法律・条令

続いて、盗撮行為を規制し、加害者を処罰する主な法律、条令を以下に示します。

  • 迷惑防止条例
  • 軽犯罪法
  • 児童ポルノ禁止法

それぞれについて深掘りして解説していきます。

迷惑防止条例

都道府県ごとに規定されている条例です。都道府県によって規定内容が若干異なることもありますが、大枠ではどこも共通と言えます。盗撮や痴漢などの迷惑行為全般を取り締まっています。

以下に示すのは、東京都の迷惑防止条例(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)における痴漢、盗撮等に関わる規定となります。

第五条 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。
一 公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること。
二 次のいずれかに掲げる場所又は乗物における人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。
イ 住居、便所、浴場、更衣室その他人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいるような場所
ロ 公共の場所、公共の乗物、学校、事務所、タクシーその他不特定又は多数の者が利用し、又は出入りする場所又は乗物(イに該当するものを除く。)
三 前二号に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動をすること。

(出典:迷惑防止条例-東京都

軽犯罪法

軽犯罪法では、のぞき見、盗撮などを規制する規定が定められています。通常人が衣服を着用しない場所をひそかにのぞき見する行為を取り締まる、という文言が存在します。ここに盗撮も含まれます。

第一条 二十三 正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

(出典:軽犯罪法

児童ポルノ禁止法

児童ポルノとは写真、電磁的記録などで以下に示す対象物を視覚的に認識できるものを言う、とされています。

衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって,殊更に性的な部位(性器等若しくはその周辺部,臀部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているものであり,かつ,性欲を興奮させ又は刺激するもの

(出典:児童ポルノ禁止法の改正について

自己の性的好奇心を満たす目的で児童ポルノを所持、提供等した者を処罰する旨が規定されています。

【要注意】服の上からの撮影で盗撮に該当した事案

盗撮というと下着を撮影するイメージですが、なんと衣服の上からの撮影でも盗撮に該当した事件があります。

平成26年10月、静岡県御殿場市のアウトレットモールで、県職員の男性がスマートフォンで女性の下半身を盗撮し、迷惑防止条例違反で逮捕された事件があった。しかし女性はズボンを着用していた。男性は女性の下着ではなく、5メートルほど後ろから主に女性のお尻をアップでズボンの上から撮影を行っていた。事件に対しては、「どこが盗撮なの?」という声も挙がっていた。男性の行為は、「卑わいな言動」に該当するとされた。条例では、「正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で、次に掲げる行為をしてはならない」としており、その1つに「公共の場所又は公共の乗物にいる人に対して卑わいな言動をすること」と定義している。

(参考:産経ニュース)

この事件で警察が逮捕に踏み切ったポイントが以下の3点だそうです。

  • 撮られた女性が被害を訴えている
  • 動画記録という客観的証拠の存在
  • 男性本人が容疑を認めている

なお、男性は女性のお尻をアップで撮影していたので、下着でなくても羞恥心を与える行為、卑わいな言動と認められます。

もし女性の全身を写していたなら、逮捕は難しかったとのことです。

つまり、たとえ服の上から撮影しても、撮影した部位や撮影時間、被写体との距離などによっては、条例違反となる場合があるということです。

「服の上から盗撮」の摘発は他県でも相次いでいる

服の上から撮影したことで盗撮とされ逮捕される事件が相次いでいるそうです。主な事件を示します。

  • 川崎市職員の男性が電車内でUSB型カメラを手の中に隠して、隣に座っていた女性の全身を撮影したとして逮捕
  • 相模原市では文化祭でチアダンス中の女子高生の太ももなどをデジカメで撮影したとして男2人が逮捕

(出典:産経ニュース)

明日は我が身?「卑わいな言動」の定義が難しく不明確

公共の場での下着や裸体の盗撮は明らかに事件となりますが、たとえ服の上からの撮影であっても場合によっては盗撮になってしまうことをご紹介してきました。

すると僕たちも気を付けなければいけないのが、街中で普段から軽い気持ちで行う以下のような行為です。

  • 街中でスナップ写真を撮る行為
  • 観光地で記念撮影をする行為
  • ツイッターに写真を投稿する行為

これらの行為についても、常に万全の注意を払って行う必要がありそうです。撮影者が意識していなくても、特定の人物にとって不愉快、不安を助長するような写真であった場合、迷惑防止条例違反となり得るからです。

卑わいな言動」の定義がより明確に定められることで対応していく他なさそうですが、なかなか難しそうな試みではあります。

万が一にも「卑わいな言動」に該当するようなことがないよう、細心の注意を払って生活していきたいですね。

盗撮で被害者が請求できる慰謝料の「相場」は?

慰謝料とは盗撮によって被害を受けた被害者の精神的損害に対する賠償金のことです。慰謝料の額は精神的損害の程度によって異なるので、「盗撮=いくら」と一概には言えません。

とはいえ、慰謝料の相場は非常に気になるところ。ということで調べてみました。以下のようになっています。

盗撮の慰謝料の相場は、一般的な事件だと20万円~30万円程度が目安とのこと

(出典:https://弁護士刑事事件.com/z-tousatsu7/)

悪質なケースや常習的に盗撮がされていたケースでは、それ以上の額となる場合もあるそうです。

放置NG:慰謝料請求権には時効があります

慰謝料の請求権にも時効があるから注意です。

具体的には、盗撮の被害および加害者を知ったときから3年とされています。3年間行使しない場合は、時効によって請求権が消滅し、その後は慰謝料を請求できなくなるので注意が必要です。

以下、慰謝料(損害賠償)の時効に関する規定を民法より引用します。

(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)
第七百二十四条 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

(出典:e-gov-民法

盗撮で後日逮捕されるケースはあるの?

盗撮して現行犯で逮捕されなくても、後日逮捕される可能性はあるのかどうか気になりますよね。

結論から言うと、盗撮で後日逮捕される可能性はあります。

ではなぜ後日逮捕となるのでしょうか。警察は以下に示すような判断材料から証拠を集め、その結果逮捕に踏み切ることがあるからです。

  • 防犯カメラの映像
  • SUICAなどのICカードの入出場記録
  • 被害者の供述
  • 盗撮に使用したカメラの映像、購入履歴

つまり、証拠から被疑者を特定した後に逮捕の動きをとるため、その分事件当日から時間差で逮捕される可能性は十分考えられるのです。

まとめ

技術の進歩で様々な小型カメラが普及する今、盗撮被害はますます増えています。解説してきたとおり、本人が意図せず盗撮犯になる恐れも十分あります。明日は我が身ということで、盗撮の加害者にも被害者にもならないよう、注意して生活したいですね。