『結婚するまではすごく優しかったのに、、どうしてこんなに変わってしまったの?』

こんなお悩みを抱える女性の方は多いと思います。男性、女性に共通して、結婚したらパートナーの性格が急に変わってしまった、意地悪になった、というケースはよくあるかと。

この記事では、性格の悪い夫に着目して、その特徴を見ていきたいと思います。

me

この記事を読まれた心優しい男性の方、もしかすると気分を害されるかもしれません。ただ、以降で紹介するような夫は少なからず本当に存在するということを知っておいてください。

まるで別人。性格の悪い夫の特徴30「家庭編・外出編」

この記事では、性格の悪い夫の特徴について、以下の2つのケースでご紹介していきます。

  • 性格の悪い夫の特徴【家庭編】
  • 性格の悪い夫の特徴【外出編】

夫婦であれば、家庭内だけでなく、外出時も一緒の時間を過ごす機会が多いかと思います。

あなたの旦那さんにはいくつ当てはまるでしょうか。もしも全て当てはまるなら、相当ストレスを感じた夫婦生活を送られていることと思います。大変お疲れさまです。

逆に1つも当てはまらない方、きっと良い旦那さんなのだと思います。

me

僕の両親を見ていて感じたこと、友人から相談されたことなど、実際に見聞きしてきた内容です。けっこう参考になると自信を持っています!

性格の悪い夫の特徴【家庭編】~特徴20個~

家庭において、性格が悪いと思われる夫の特徴・言動を以下に示します。かなり細かい特徴をまとめています。

  • 一日中ゴロゴロしていて、家事をまったく手伝わない
  • 食事はまだかと執拗に急かしてくる
  • 何を話すにしても嫌味を言ってくる
  • 相談するとすべて「お前が悪い」で終わらせる
  • キッチンが水仕事で濡れていると、大げさに拭いてくる
  • 予定を土壇場でキャンセル、中止してくる
  • 子供の育児やいじめ問題に向き合ってくれない
  • 自分の親戚は褒めるが、こちらの親戚はボロクソに言う
  • 正月行事などで、明らかに自分の親戚を優遇している
  • 人の話を最後まで聞かず意味不明な結論を出す
  • 耳が悪くて「はい?」と聞き返すと、無視される
  • 自分は「頭が良い」お前は「頭が悪い」とバカにしてくる
  • 自分のミスは棚に上げて、人のミスばかり責めてくる
  • 具合が悪いときに労わってくれない
  • 一生懸命作った料理を平気で「美味しくない」と言われる
  • 機嫌が悪いと無視され口を聞いてもらえない
  • 機嫌が悪いと食事を用意しても食べてもらえない
  • 機嫌がコロコロ変わるので対応が難しい
  • 家族が大変なときでも平気で女遊びをする
  • プレゼントをしても気に入らないと投げ捨てる

以下、具体的に解説していきます。

一日中ゴロゴロしていて、家事をまったく手伝わない

僕は男なのでそこまで多くの家事をやってきませんでしたが、小さな頃から母親が家事をする姿を見てきて、「家事ってこんなに大変なんだなぁ。。」と常々思ってきました。

なので、もしも家事に時給がつくとしたら、かなりの額になるのでは?と思っています。

夫が会社で疲れる平日は仕方ないですが、休日や連休なんかは、できれば家事を手伝ってほしい、、という願望を持った女性も多いことでしょう。会社には休みがありますが、家事には休みがなく、年中無休だからです。

ですが、男性によっては、休日は一日中ゴロゴロしてテレビを見ていて、家事をまったく手伝わない方も多いかと。これだと、女性としては疲れるし、ストレスたまるでしょう。

食事はまだかと執拗に急かしてくる

熟年夫婦で次のような悩みを訴える女性が多いと思います。

食事時になるとテーブルに座ってスタンバイしている夫がムカつく

これ、僕の父親もそうでしたので、痛いほど気持ちがわかります(笑)

とくに料理を手伝うこともなく、別の家事をやってくれているわけでもないのに、食事の時間になると、まだテーブルに料理が並んでいないのに座って待っている。。

女性からしたら、けっこうムカつく光景かもしれません。。とはいえ、男性からしたら、楽しみな食事を1秒でも早く食べたい、、という気持ちがあるかもしれませんが。

何を話すにしても嫌味を言ってくる

女性が精神的に疲れるパターンです。夫婦なので当然いろいろな会話があります。すると、全部嫌味で返してくるのです。

まぁ嫌味って人によって受け取り方も違いますし、腹が立つ、立たないも違うと思います。

普段から嫌味ばかり言っていると、それが習慣化してしまい、気づかないうちに嫌味を飛ばしている、、というケースもあるかと。

誰が聞いても明確な嫌味としては、次のようなケースがあります。

夫:「お前はいいなぁ。いつもゴロゴロしているんだろ?俺が家にいる間だけ動けばいいもんなぁ。あ~羨ましい」

こんなことを面と向かって言われたら、発狂するレベルかと。

相談するとすべて「お前が悪い」で終わらせる

親戚のこと、子供の学校のこと、近所づきあいのこと、ママ友のこと、夫に相談したいことはたくさんあるかと思います。

それで相談すると、たいして話も聞かずに「お前が悪い!しっかり対応しろよ」と断言されて終わり、ということもあるかと。

こんなことが毎回続くと、もう二度と夫には大切なことを相談したくない、、という気持ちになると思います。

me

とはいえ、お金が動くとなると、財布を握る夫に相談せずには済まない、、ということもあり、仕方なく相談する妻もいるかと思います。

キッチンが水仕事で濡れていると、大げさに拭いてくる

どこの家にもありそうな性格悪い夫の代表例です。一般的には台所は女性のスペースですよね。それで、料理を作ったり、洗い物をしていると、どうしても床に水が落ちます。

すると、夫がやってきて、わざわざタオルを持ってきて大げさに拭いたり、自分の靴下で大げさに拭いたりするのです。

酷い場合は、対して水が飛んでいないのに、「びしょびしょで水たまりができているぞ!」と煽ったりしてくることも。かなり腹が立つ仕草です。

予定を土壇場でキャンセル、中止してくる

休日や夏季休暇などに次のような計画を立て、楽しみに準備する女性の方は多いはず。

  • 家族全員で外食、ピクニック、旅行
  • 自分たちの親を誘って遠出

ですが、性格の悪い夫にはこんな計画、自分のさじ加減でどうにでもなるのです。妻がどんなに一生懸命に準備をしていても、直前に機嫌が悪くなると、「中止!」というたった一言で全てが終わります。

そのあと、妻が一生懸命に夫のご機嫌をとり、なんとか計画通り外出できたとしても、もういい気分はしませんよね。

さらに、自分たちの親を誘っていた場合なんかは、計画の中止を泣く泣く伝えなくてはなりません。

me

こういうことができる夫って、本当に人の気持ちがわからないのだと切なく思います。

子供の育児やいじめ問題に向き合ってくれない

子供ができれば、必ずといっていいほど、育児やいじめの問題に直面します。とくに大変なのが育児かもしれません。病気がちな子なら、入退院を繰り返すこともあります。

僕がそうでした。小学生~中学生はしょっちゅう入院し、死にそうになったことも何度かあり、そのたびに母親が必死で看病してくれました。

いじめだって深刻です。子供のいじめを本気で解決するなら、やっぱり親が関わらずにはいられません。

でも、そういう面倒ごとをすべて妻に任し、夫はわれ関せず、、ということもよくあることです。妻にとっては本当に辛い経験かと思います。

me

とはいえ、子供もそういう親の姿をしっかり覚えています。いざとなったときに父親が頼りにならなかったこと、これは子が大人になっても忘れないかと。

自分の親戚は褒めるが、こちらの親戚はボロクソに言う

自分の親兄弟、親戚のことはいつも自慢してきて、べた褒めするのですが、妻の親戚のことはボロクソに言う夫がときどきいます。

これって、本当に最低な行為だと僕は思います。自分の悪口ですら聞くのは嫌ですが、自分の親兄弟を悪く言われて黙っていることなどできません。

とはいえ、反論するものなら余計にヒートアップしてくるので、「はいはい」と聞き流すしかなかったりするのです。本当に辛いことです。

正月行事などで、明らかに自分の親戚を優遇している

お正月には親戚まわりをする家が多いと思います。親戚の家に行って、挨拶をしたり、お年玉をあげたりと、楽しいイベントですよね。

ですが、次のような不平等な対応をとられる経験はないでしょうか。

  • 夫の親戚の家だけ長時間滞在する
  • 夫の親戚の子だけ、高額なお年玉をあげる
  • そもそも妻の親戚の家に行こうとしない

こんな感じで、夫の親戚だけ優遇されると、自分の親戚が可愛そうになってきて、悲しくなります。

人の話を最後まで聞かず意味不明な結論を出す

人の話を最後まで聞かない、結論だけ聞こうとして催促してくる、、こんな夫も多いかと思います。

これは僕も経験ありますが、会社で上司から「結論から言え!」と毎度怒られていると、それが身についてしまって、家庭でもそれを持ち込んでしまうのだと思います。

でも、それだと本来は仕事と無縁な落ち着くスペースである家が、仕事色に染まってしまいます。妻からしたら、「私の話を最後まで聞いてくれない」「事務的な会話しかできない」と不満がでるでしょう。

そういう夫に限って、適当な解釈をして、滅茶苦茶な結論を強引に出そうとするのです。当然話がかみ合わず、喧嘩に発展することもあります。

耳が悪くて「はい?」と聞き返すと、無視される

難聴の方で、人の声がよく聞こえなかったり、遅れて聞こえたりする人がいます。こういう場合、病気なので家族はしっかり理解して、適切なサポート、接し方を意識しなければなりません。

ですが、酷い夫の場合、妻が「はい?もう一回言って」と聞き返すと、もう腹を立て、無視する人がいます。

本来一番の理解者でなくてはいけない夫にこのような態度をとられてしまうと、家庭の居心地が悪くなってしまいますよね。

自分は「頭が良い」お前は「頭が悪い」とバカにしてくる

高学歴、高経歴の夫に多いと思います。話をしていて、俺は頭がいい、お前は頭が悪い、というニュアンスを込めて語ってきます。

例えば次のような感じかと。

  • まぁお前に言ってもわからないだろうから、やんなくていいよ。
  • ああ、説明するだけ無駄だからいいよ!

まあ、本当に利口な人なら、こんな物言いはしないのですが。。

とはいえ、実際にやってみると、妻の方が上手にできたりするんですよね。

自分のミスは棚に上げて、人のミスばかり責めてくる

人が何かミスを冒したときだけ執拗に責めてくるのに、自分が同様なミスをしたときは平然としている人がいますよね。具体的な例を挙げるなら、次のような感じです。

  • 妻が玄関の鍵を閉め忘れる:半日くらい説教、ダメ出しされる
  • 夫が車の鍵を抜き忘れる:とくになし

上の例なら、まあ程度の違いはありますが、どちらも気を付けなければ大変なことになるケースです。

ですが、「妻が間違えたときだけ責めまくり、自分のときはお咎めなし。」人間としてどうなの?という気分になります。

具合が悪いときに労わってくれない

年を重ねると、だんだん色々な病気を患うこともあります。病気には精神的なもの、肉体的なものと様々です。

ですが、具合が悪くて動きたくないのに、いつも通り用事を言いつけてきたり、嫌味を言ってきたりする夫がいます。

本当なら労わってほしい、手伝ってほしいのですが、そんな気持ちを一切聞いてくれません。このままいくと病気が悪化して最悪の事態になりかねないので、注意が必要なケースです。

一生懸命作った料理を平気で「美味しくない」と言われる

気持ちのこもった料理に向かって、「美味しくない」「不味い」とか普通言えないと思います。

もちろん、新婚の頃に、健康管理のため、「塩分少な目で」「油は少な目で」という指摘をするのは十分ありかと思います。

ですが、もう何年も夫婦を続け、お互いにわかりあっているはずの頃に、「不味い」とか言うのはどうかと思います。

me

なら自分で作ってみろ!という気持ちで一杯になります。

機嫌が悪いと無視され口を聞いてもらえない

機嫌が良いときはやたら饒舌に話しかけてくるくせに、機嫌が悪いときはこちらから何を言っても一切無視される、、という経験をお持ちの方は案外多いと思います。

ただ、これって本当に身勝手な話です。こういう夫に限って、逆にこちらが無視したもんなら、大声で怒鳴ってくるのでしょう。

機嫌が悪いと食事を用意しても食べてもらえない

こういう夫もいるかと。

ちょっと口喧嘩した、会社で上手くいかなかった、機嫌が悪くなる理由は人それぞれですが、機嫌が悪いと食事をわざと食べてくれない、、という困るパターンです。

妻に対する当てつけなのでしょうが、結局お腹を空かせるのは本人なので、子供じみた行為です。食事をとってもらえないと、妻としては困るし、それ以降の食事の時間をずらしたりと手間がかかります。

機嫌がコロコロ変わるので対応が難しい

さっきまで機嫌が良かったと思いきや、急に機嫌が悪くなったりと、喜怒哀楽が激しい方も多いです。長年一緒に暮らせば、なんとなくパターンが掴めてくるかもですが、それまでは夫の機嫌に振り回されることもしばしば。

家族が大変なときでも平気で女遊びをする

非常に最低なケース。妻や子が病気など、大変な時期に平気で女遊びをする夫がいます。

本来なら手を取り合って協力していかなければならないタイミングなのですが、こういう夫にとってはそんなの関係ないのです。

こういう夫に限って、自分が大変な時期になると、人に助けを求めてきます。

プレゼントをしても気に入らないと投げ捨てる

これは人の気持ちを完全に踏みにじる行為です。

誕生日プレゼントなどを渡すと、決まって喜んでくれず、あろうことか放り投げる夫がいるそうです(笑)

これは僕の友達から聞いた話です。一生懸命に選んで服や靴下を包装してプレゼントしたそうですが、数秒ジロッと見ただけで、「いらん」とだけつぶやき、横にぽいっと投げ捨てたことがあったそうです。

それでも友達は今でも夫の誕生日になると、一生懸命にプレゼントを選んでいるようです。非常に可哀想な話です。

性格の悪い夫の特徴【外出編】~特徴10個~

今度は家庭内ではなく、夫と一緒に外出したときの特徴です。性格の悪い夫は、家庭内に限らず、外出して人目があってもやっぱり性格が悪いです。

  • 車を運転していると何故か機嫌が悪い
  • 外食すると、「不味い」「遅い」と大声でわめく
  • 買い物でやたらに急がしてくる
  • イベントに参加するとやたら目立とうとする
  • 他人と妻が口論になると、決まって妻を悪く言う
  • 病院で思い通りの診察がされないと「藪医者!」と騒ぎだす
  • 自転車に乗った学生や老人が邪魔だと、わざと幅寄せする
  • 自分が車をぶつけてもOKだが、人にぶつけられると追いかけていく
  • 店員が好みの女性だと、勧められるがままに高額な商品を買ってしまう
  • 外出先(遠方)で、機嫌が悪いと車を降ろされてしまう

以下、具体的に解説していきます。

車を運転していると何故か機嫌が悪い

普段は機嫌が良く優しいのに、車を運転すると急に人が変わったように意地悪になる人がときどきいます。

話しかけても無視されたり、返答がぶっきらぼうだったりします。これだと夫とドライブや旅行を楽しむことができないので、苦労する女性の方も多いかと。

外食すると、「不味い」「遅い」と大声でわめく

これもけっこう恥ずかしいケースです。

外食先のお店で料理が冷めていたり、味が良くなかったりすると、大声で「不味い!」とか「水はまだか!」とか叫んだりする人がたまにいます。

僕はよくこういったクレーマー客を目撃しますが、たいていは隣にいる奥さんが恥ずかしそうに旦那をなだめています。こんなのが毎日起こっているのか、、と考えると、本当に気の毒になります。

買い物でやたらに急がしてくる

主婦なら買い物(食品選び)に時間をかけることと思います。少しでも新鮮な食材を、より安く購入するために必死なのです。家族の健康と家計を気遣った素晴らしい行動だと僕は思います。

なのに、一緒に来ている夫は「まだかぁ~」と時計を見たり、「早くしろ」と催促していることもあります。こういう姿を目撃すると、カッコ悪いなぁ、、という気がします。

イベントに参加するとやたら目立とうとする

僕の父親がこれでした。まったく恥ずかしい限りでした(笑)

僕が中学生の頃、学校関係のイベントで父親が何度か参加したことがあったのですが、やたら発言しようとしたり、自分が前に出て行って目立とうとするのです。

「頼むから、他の親御さんみたいに静かにしてくれ!」という気持ちで当時の僕は一杯でした。

目立ちたがり屋だと、ときどき大恥をかくことがあるので、本当に気を付けた方がいいです。

他人と妻が口論になると、決まって妻を悪く言う

何かトラブルが発生したとき、夫なら妻の味方をするのが自然ですよね。もちろん事の経緯にもよりますが。

でも、明らかに相手が間違っている場合ですら、なぜか自分の妻を貶めるような発言、行動をする夫がときどきいます。

「お前が悪いんだから」「お前が謝れば済む話」とか妻を悪者にして収拾させようとします。見ていて気持ちの良いものではありません。

病院で思い通りの診察がされないと「藪医者!」と騒ぎだす

こんな患者さんを病院で見たことありませんか?思い通りの診察がされなかったのか、待合室や受付で「この藪医者!」などと叫んでいる方。

めちゃくちゃ恥ずかしい行為ですが、稀に見かけます。付き添いの身としては、かなり辛い経験かと。

自転車に乗った学生や老人が邪魔だと、わざと幅寄せする

僕の友人から聞いた話です。友人の旦那は、道路を走行中に、学生や老人が乗った邪魔な自転車がいると、わざと威嚇するように幅寄せするのだそうです。正直あおり運転ですよね。

彼は「こうでもしないと危険な運転はなくならない!」と自分を正当化するそうですが、この行為自体が危険な運転です。

自分が車をぶつけてもOKだが、人にぶつけられると追いかけていく

これも友人から聞いた話。その人の夫は過去に何回か車をぶつけたことがあるそうです。ただ、自分がぶつけたときはそのまま走っていってしまうらしいですが、人にぶつけられるとどこまでも追いかけていくとのこと。想像しただけで怖くなります。

助手席に乗っている妻からしたら、ゾッとしますね。

店員が好みの女性だと、勧められるがままに高額な商品を買ってしまう

電気屋などに行くと、売り込みをしてくるスタッフがいますよね。そのスタッフが女性で、自分の好みのタイプだと、つい営業されるがままに高額な商品を買ってしまう夫っていませんか?妻からしたら本当に呆れるし、家計も圧迫するのでいいことなしです。

外出先(遠方)で、機嫌が悪いと車を降ろされてしまう

僕の友達から聞いた話です。彼女は夫とドライブ中に口喧嘩になったようです。すると、あろうことか「降りろ!」といって降ろされてしまったそうです。

彼女も最初は冗談かと思ったそうです。そして、仕方ないので、バスを乗り継いで自宅になんとか帰ったと聞きました。あまりにも酷い行為です。怖くなります。

性格の悪い夫に上手に対応する方法

性格の悪い夫でも夫婦である以上、なんとかうまくやっていく必要があります。そこで、次のように対処すると良いかと。

  • 夫の好き嫌いを確認しておく
  • 夫が怒りやすい言動を覚えておき、回避する
  • 夫がキレやすいスポットには連れていかない
  • キレられると困るタイミングでは、おだてておく
  • 子供をあやすように大人な対応をする

だいたいこんな感じかと。

新婚さんなら難しいかもですが、何年か一緒にいれば、相手の性格もある程度つかめてくるはずです。つまり、夫の怒りポイントをあらかじめ把握しておけば、そこを刺激しないように振る舞うのです。

me

「なんて私がそんなこと・・・」という気持ちを抱かれるかもですが、性格の悪い夫とうまくやっていくためには致し方ないです。

完成しきった性格の悪さを変えるのは難しいです【諦めが肝心】

とはいえ、こちらが夫の機嫌をとるだけでなく、夫にも温厚な性格に変わってほしい、、と切実に願う妻は多いはず。

僕の人生観から言うと、大人になって完成しきった性格を変えるのはかなり困難かと思います。

性格は子供の頃からの親のしつけ、学生時代、社会に出てからの経験など、長年の様々な状況が関係して形成されていきます。それを短期間で180度変えるようなことはまず無理です。本人に自分の性格を変えたい!という強い意志があれば別ですが。

なので、性格の悪い夫とうまくやっていくには、こちらが妥協するのが一番楽だと僕は思います。

夫の性格が悪すぎて精神的に限界な場合の解決策【法的措置】

それでももう夫の性格の悪さに我慢できない、、という方は、次のような手段も考えておくべきかと。

  • 別居する
  • 協議離婚をする
  • 裁判離婚をする

別居することでお互いの大切さを認識しあうことができればそれも良いでしょう。

でもやっぱり一緒に居たくないのであれば、まずは協議離婚を考えましょう。協議離婚とは、夫婦が話し合いによって離婚に至るものです。子供のこと、財産のことなどを話し合います。

とはいえ、すんなり離婚が成立するケースと成立しないで争いとなるケースもあります。そんな場合は裁判離婚をします。つまり裁判官の力を借りて、夫と離婚をするのです。

me

裁判離婚はこちらが希望する結果にならないケースもありますが、やる価値はあるかと。

我慢はNG:精神的ストレスから病気を患うケースが多い

性格の悪い夫とうまくやっていくには、妻が妥協するしか方法がないようにお伝えしました。それは、夫の性格の悪さが変わらないためです。

ですが、我慢のしすぎはストレスになり、様々な悪い病気を招く原因ともなります。

なので、この人とはもう限界だな、、と思ったら、ためらわずに離婚してください。精神的な病気(うつ病、パニック障害など)になってからでは遅すぎます。

まとめ

性格の悪い夫の特徴と、うまくつきあっていく方法についてお話しました。すべて僕の両親を見ていて思ったこと、友達夫婦の話を聞いて感じたことに基づいています。でもどうか我慢はしないでください。この記事を読まれたことで、「自分は間違っていなかった」「自分と同じ感情の人がいた」という共感を得ていただければ幸いです。