仕事を辞めたい新人『う~ん、この仕事も会社も、自分には全然あってないなぁ。。すぐ辞めたいけど、まだ入社して1年だし。どうしたらいいのか。』

こんな悩みを抱える社会人の方は多いです。入社から3年経たずに辞めた僕が経験談からお話します。

この記事でわかること
  • 新卒が1年で仕事を辞めるのはアリなのか
  • 仕事を1年で辞めた後の選択肢は?【人生設計の話】
  • 1年で仕事を辞めるなら注意すべき話【失業給付金の話】
  • 退職後の生活で貯金が1年で100万円減った

新卒が1年で仕事を辞めてもいいの?【3年目で辞めた僕の意見】

僕は新卒で大手IT企業に入社して、約3年近くいましたが、ぶっちゃけ1年経った頃に辞めていても全然アリだったと思っています。その理由が以下のとおりです。

  • 入社1年目と3年目で仕事に大した変化がなかった
  • 入社1年目の時点で会社に自分の将来性を感じなかった
  • 業務マナーや仕事の仕方など、盗めるところは盗んでいた

だいたいこんな感じです。もう少し深掘りして解説します。

入社1年目と3年目で仕事に大した変化がなかった

入社から1年経った時点で、一通りの業務内容を経験しました。完全に一人でこなしていたわけではないですが、先輩の仕事内容を通して、「だいたいこんな感じか」という理解はしていました。

とはいえ、その時の僕はせめてもう少し頑張ってみようと思い、だらだらと3年目に突入しました。そして振り返ってみると、3年目でやっていた仕事が1年目の頃とあまり変わりませんでした。

しいて言えば、仕事量が増え、残業時間が長くなっていたということです。なので、これなら1年目の時点で辞めていても良かったな、、と感じています。

入社1年目の時点で会社に自分の将来性を感じなかった

僕が入社した会社はIT企業でしたが、配属先はサービス的なことをやっていて、ほとんど顧客先常駐でした。なので実家にほぼ帰れませんし、移動時間もかなりかかり、残業時間も多く、人生が消耗していくのがわかりました。

また、自分の先輩やチームリーダー、上司を観察していて感じたのが、会社に酷使されているということでした。この会社にいても自分に未来がないどころか、搾取され続け、いつか過労死してしまう、、という予感はバッチリありました。

業務マナーや仕事の仕方など、盗めるところは盗んでいた

社会人として必要な業務マナー(電話応対、敬語、ビジネス文書など)や仕事の仕方について、1年目の状態でも十分に身に付けることができました。なので、仮にここで退職しても、次の会社での再スタートも問題ないだろう、、と考えていました。

結論:新卒1年目で会社を辞めるのは全然アリです

結論として、新卒1年目でも会社を辞めてしまうのは全然アリかと思います。

よく3年はいないと、転職活動で苦労するとか言いますが、僕はそんなことないと思います。要は、会社を辞めた理由がしっかり説明できればそれでいいのです。実際僕も3年いませんでしたから。

後ほど解説しますが、別に転職して企業で雇われることだけが働き方じゃないですよ?お金の稼ぎ方はいくらでもあります。

新卒1年目で会社を辞めた後の選択肢【人生設計をする】

さて、新卒1年目で会社を辞めてしまい、これからどうしよう、、と悩む方は非常に多いかと。

ですが、逆に考えてみてください。あなたはこれからゆっくりと自分の人生設計ができるのです。周りの方を見て下さい。次のような方はいませんか?

  • ブラック企業に入社してしまい、まったく自分の時間が持てない
  • 自分の将来に不安を感じるが、忙しすぎて考えている暇がない
  • 仕事が辛くて嫌だけど、家族もいるし自分も年だし辞められない

このような方の場合、どんなに今の環境から抜け出して、自分の人生を考えたくても、その時間すらないのです。

なので、入社から1年で自分に合っていない会社に見切りをつけることができたあなたは、人生を無駄にせずに済んだのですから、長い時間をかけてゆっくり人生設計をしてみてください。

例えば、次のような選択肢があるかと。

  • 転職活動して新しい仕事を探す
  • 個人事業、フリーランスとしてやっていく

僕は個人事業の道を目指すことにしました。職種は行政書士です。何か国家資格をとって個人でできないかなぁ、、と探していたところ、自分に合ってそうなものを見つけました。

もちろん転職活動して、再び企業に入社するのもアリかと。

me

僕は人の下で働くより、自分が好きなように働きたいと思い、もう二度と企業に就職はしないと考えました。

 

また、フリーランスとして場所をとわず仕事をするのも憧れます。会社勤めでないことの利点は、自分の時間を自由に確保できるので、副業も始めやすい点です。

仕事を1年で辞めるなら知っておくべき重要事項【失業給付金】

僕が会社を退職するとき、唯一気を付けていたのが、失業給付金の受給でした。

会社で雇用保険に加入していたのであれば、退職後にハローワークで申請をすることで、失業給付金がもらえます。受給できる額や期間は、退職理由が会社都合か自己都合か、年齢、加入期間などによって異なります。

ただし誰でももらえるわけではなく、一定の条件を満たしている必要があります。その条件が以下になります。

  • 離職の日以前の2年間に、被保険者期間が通算して12か月以上あること
  • 就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる状況にあること

より具体的な説明は、ハローワークインターネットサービスのサイトをご覧ください。

このように、失業給付金を受給できる条件が決められているのです。

つまり、企業で働いていた期間があまりに少ないと、当然雇用保険に加入していた期間も少なくなり、失業給付金の受給要件を満たさない恐れがあります。

なので、今にも会社を辞めてしまいたい、、と思っている方は、この退職後の失業給付金を自分が貰える状態にいるのか否かを判断してみてください。基本的には、上で貼ったハローワークのリンク先ページをご覧ください。

me

あと数日務めていたら、失業給付金が貰えていたのに、、なんて自体になったら最悪ですよね。

すぐ就職しないなら貯金減少に注意!【1年で100万円減りました】

退職して、とりあえず失業給付金をもらうとします。とはいえ、給付金を受給できる日数も決まっていて、就職するまで永遠にもらえるわけではありません。

さらに、住民税や国民年金、健康保険など、会社を辞めても支払わなければならないお金がたくさんあります。一人暮らしの場合は家賃や光熱費などもかかってきます。

僕の場合ですが、1年間で貯金が100万円くらいなくなりました。出費が多い人はもっと減るかと。

なので、貯金を減らさないためにも、次のような方法をとる必要があるかと。

  • 安定した収入が入るまでアルバイトをする
  • チャンスがあれば副業にチャレンジする
  • 不要な出費は抑える
me

僕の場合は、退職後は行政書士試験の勉強を1年ほどやっていたので、その間はアルバイトもできず、ただお金が減っていくのを悲しんでいました。資格をとる人はそのあたりも注意しましょう。

会社を辞めるなら、たくさん盗んで辞めましょう【会社を踏み台にする】

あなたが働くのは何のためですか?もちろん会社のためじゃありませんよね。会社に恩義を感じている人もいるでしょうが、最終的にはやっぱり「家族のため」「自分のため」ですよね。

なので、就職して会社から多くのものを盗んだら、それらを自分の糧として、さっさと退職するのも全然OKです。会社から盗めるものは、以下のものです。

  • 業務を通して取得したスキル、ノウハウ、知識
  • 仕事の仕方、マナー、顧客との交渉術

はい、盗むといっても、”物”じゃありませんからね、当然ですが。盗むのは”経験”です。

会社を通して自分を成長させたら、後は自分で事業を起こすもあり、フリーランスとして独立するのもありです。悪い言い方をすれば、会社を踏み台にして自分を成長させるのです。

当然あなたが成長していけば、会社のためにもなるので、誰も損しませんね。

大手企業に入社して一生安泰の時代はもう終わっている話【個人価値を高める】

昔なら大手企業に入社すれば一生安泰!という良き時代がありました。ですが、今となっては大手企業に入社したからといって一生安泰とはまったく限りません。理由は以下のとおりです。

  • 大企業でも事業縮小、大規模リストラを行うようになった
  • 元大企業社員という肩書は転職先で大して役に立たない

まず、40代~50代のベテラン社員でも、会社事情によって普通にリストラされる時代になりました。

また、大企業で身に付けたスキルはその企業独自のもので、他企業でも共通ということはほぼありません。なので、元大企業社員という立派な肩書はあまり意味がありません。

これからの時代、大切なのは、「元大企業社員」の肩書ではなく、「個人名の価値」を高めていくことです。

つまり、会社の名前で挙げた業績ではなく、個人名で挙げた業績が重要となってきます。

個人名でいくつもの業績、実績を挙げていれば、それをSNSやホームページで発信して、自分を世界に対してどんどん売り込むことだって可能です。現にそのような活動を行っている人がたくさんいます。

まとめ

新卒が会社を1年で退職していいのか、ですが全然ありです。さらに、会社から盗めるもの(経験)はどんどん自分の糧としてください。最終的には、個人名で仕事がとれるようになると、本当の人生安泰がやってきます。会社に頼って、しがみついて生きる人生はもう終わりにしましょう。

新入社員のマナーから退職後の「稼ぎ方」まで完全解説!

これからの時代、1つの会社で人生が終わることは珍しくなっていきます。複数回の転職を経験する方も増えていくかと。そこで、新人のマナー、仕事のやり方から、仕事を辞めたい人が注意する点、退職後の稼ぎ方まで完全解説します。

【仕事まとめ】新入社員のマナー+辞めたい人の「稼ぎ方」まで完全解説