「タバコの煙にはうんざりだ・・・」

 

私に共感してくれる人も、してくれない人も、どうか最後まで読み進めてみてください。

 

タバコに含まれる有害物質人体に与える影響引き起こす病気周りの反応について、まとめてみました。

 

 

タバコの煙の種類

タバコの煙ですが、実は以下のように3種類存在します。

 

  • 主流煙
  • 呼出煙
  • 副流煙

 

簡単にご説明しますと、

 

主流煙とは、タバコから出て喫煙者の口の中に入っていく煙のことです。

 

呼出煙というのは、タバコを吸って吐き出した煙のことです。

 

副流煙というのは、タバコの点火部から立ち昇る煙のことです。

 

 

そして非常に残念なことに、有害物質は副流煙により多く含まれています。

 

つまり、吸っている本人より、周りの人の方が危険であるということです。

 

ちなみに受動喫煙とは、副流煙や呼出煙を喫煙していない第三者が吸い込むことをいいます。

 

【ヤバい・・・】タバコの煙に含まれる有害物質

 

以下は冷静になってお読みください。

 

タバコの煙には、4,000種類の化学物質が含まれています。

 

その中には、なんとビックリ!200種類以上の有害物質が含まれ、さらには発がん性物質は50種類以上含まれています。

 

私はこれを知ったとき、「もうテロじゃん・・・」と唖然としました。

 

代表的な有害物質をご紹介します。

 

ニコチン タバコ依存症を引き起こす。血管を収縮させ血液の流れを悪くする。
タール 発がん物質を含む。がんの発生を促進したり、発育を加速させる。
一酸化炭素 体を酸素欠乏状態にする。動脈硬化症や狭心症、心筋梗塞などの心臓病の原因となる。

 

 

もう悲鳴を上げたくなってきました・・・

 

 

喫煙・受動喫煙がもたらす病気・・・

 

タバコによって肺がんとなるリスクが高まることは、誰でも知っていることと思います。

 

ですが、肺がんだけでしょうか。

 

いいえ、タバコは全身の病気のリスクを高めることがわかっています。

 

どんな病気のリスクが高まるのか、以下にその具体例を示します。

 

参照「タバコはさまざまな病気の原因に

 

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • メタボリックシンドローム
  • 胃潰瘍
  • COPD
  • 肺炎
  • 喘息
  • うつ病
  • バセドウ病
  • 骨粗鬆症
  • ED

 

ちなみに私は小さな頃から受動喫煙にさらされてきました。

 

そして、30歳を過ぎた今でも、気管支喘息や喉の病気に悩まされています。

 

ちょっとでも疲れたり、運動をしたりすると、喘息の発作が出ます。

 

また、小さな頃からですが、非常に疲れやすい体です。

 

室内で吸うのはマジで勘弁してくれ!!!

 

お父さん、お母さん、室内でタバコを吸うのはマジで勘弁してください!(切実)

 

室内で吸われると、部屋の中はタバコの煙で充満し、壁にも匂いが付着してとれなくなります。色も黄ばんできます。

 

うちの親は気を使って、台所の換気扇に吹きかけるように吸っていたのですが、正直まったく効果はありませんでしたね。

 

普通にダイニングやリビングまで匂ってきます。

 

さらに、私の部屋は2階ですが、ドアを開けておくと、1階の換気扇から外へ出たタバコの煙が2階の窓から侵入してきて、普通に私の部屋に届きます。

 

「オレに逃げ場はないのかーーーー!!」

 

かといって当時は一人暮らしする余裕もなく・・・

 

対策として、親がタバコを吸い始めたら急いでドアを閉めるように気を使っていました。

 

 

じゃあ、外で吸えばいいのか?

 

うーん、難しいですね。

 

だって、結局外で吸っていても、窓を開けていれば風に乗って部屋の中へ入ってきますからね。

 

そういうときは、急いで窓を閉めています。

 

裏の家の旦那もしょっちゅう玄関に出てタバコを吸っていたのですが、やはり裏口の窓を開けておくと、普通に部屋に煙が入ってくるので、本当に迷惑でした。

 

匂いが臭くて会話ができない・・・

 

タバコを吸った直後に、その人と会話すると、本当に匂いますよね。

 

わかる方はわかると思います。

 

私の場合も、父親が吸った後に会話すると、呼気からタバコの煙が出てきて、本当に臭いです。

 

もう会話したくありません(笑)

 

そうもいっていられないので、会話中はあまり息を吸わないようにしています。

 

まとめ

タバコの煙に含まれる有害物質と、それらがもたらす病気についてご紹介しました。

知っていると知らないとでは、大違いです。

この記事を読まれた皆さん、周りに喫煙者がいましたら、どうか説得してください。

本人の体のためにも、あなたの体のためにも、禁煙されることを。

今では病院での禁煙の成功率も上がってきているので。