こんにちは。たかじんです。

突然ですが、自宅に防犯カメラを設置しました。行政書士事務所として開業したので、セキュリティ対策も万全にしておかねば、、というわけです。

今回は市販で購入できる防犯カメラについて記しておきます。

この記事の内容
  • 僕が事務所に設置した防犯カメラの紹介
  • 設置場所に困る方へ!ダミーカメラをおすすめします

引っ越ししてから経験した多くのご近所トラブル

僕が小学生の頃に現在の家に引っ越ししてきたのですが、それから3~4年くらいご近所トラブルがありました。といっても、一方的にこちらが被害を受けてきたのですが。。

具体的には次のようなトラブルがありました。

  • 「出ていけ!」という脅迫電話がかかってくる
  • 庭の植物に漂白剤をかけられ枯れてしまう
  • 大人がどうどうと庭に入ってくる
  • 犬の糞が庭の奥に落ちている

今覚えているだけでも、こんな被害がありました。

いったい誰がこのような行為を行っているのか特定するためにも防犯カメラは必要でした。

今思えば、当時から防犯カメラを付けておけば、、と後悔することもあります。

僕が事務所に設置した防犯カメラ

僕が設置した防犯カメラは以下の商品です。値段も安く、形もオシャレだったのでこれにしました。

とりあえず様子見で買いましたが、値段が安いので、不具合が生じたらその時にまた考えます。

防犯カメラの設置は電源が問題となる

防犯カメラは電化製品なので、当然ですが電源供給がなければ動きません。防犯カメラへの電源供給方法として、以下の2通りがあるかと。

  • 電源アダプター(コンセント)を使う
  • 電池式のカメラを使う

どちらにもメリット・デメリットがあります。

まず、電源アダプターを使う場合、カメラを外用として使用する場合には、外壁工事をするなどして、電源ケーブルを通す穴を開けなくてはいけないケースもあります。

電池式だと、工事不要で取り付け場所も選びませんが、定期的に電池交換が必要となり、その都度カメラを取り外さなければなりません。これはけっこう面倒な作業です。

僕が思うに、長期間使用するのであれば、最初に工事をしてしまい、電源アダプター式のカメラを用いるのが良いかと。とはいえ、設置場所によっては工事不要で取り付け可能な場合もあるかと。

電池式カメラだと、次のカメラの評価がAmazonで高いです。

事務所の防犯対策なら、ダミーカメラでもないよりマシです

自宅で個人開業して、セキュリティー面も万全にしたい、、という方も多いでしょう。それでも、カメラ設置に時間とお金がかかるので、気が乗らない、、という方も多いかと。

ぶっちゃけますと、ダミーカメラでもないより全然マシですよ。例えばですが、次のような商品があります。

どうですか?本物のカメラとほぼ一緒ですよね。実際にライトが点滅するタイプもあり、なかなかの優れものです。

なので、今はちょっと防犯カメラ設置する時間ないなぁ、、という方は、まずはダミーカメラから始めてみるのもアリかと。

昔のダミー防犯カメラはショボい商品も多かったですが、現在は本当によくできていると思います。

ダミーカメラ設置に効果的なアイテム:粘着テープ

ちなみに、ダミーなら取り付けする場所を完全に選びません。問題はカメラの設置方法です。

ダミーカメラの場合、ネジが付属していて、外壁にキリなどで穴をあけて取り付けるタイプが一般的かと。ですが、それも場所によっては使えないこともあるでしょう。

そんな場合に重宝するのか、以下の粘着テープです。

3M スコッチ 強力両面テープ 外壁面用 20mm×4m SKB-20

3M スコッチ 強力両面テープ 外壁面用 20mm×4m SKB-20

400円(11/17 06:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

外壁用の両面テープなので、かなり強力に取り付けができます。もちろん接着面は平らになっている必要があります。

ダミー防犯カメラの設置にネジを使いたくない、外壁に穴をあけたくない方は使ってみてください。

まとめ

僕は自宅で開業したので、これを機に防犯カメラを設置しましたが、一般家庭でも可能ならば取り付けるべきでしょう。今の時代、犯罪が増え何があるかわからないので、不審者を威圧する上でも必要かと。