こんにちは。たかじんです。

ニュースでこんなに煽り運転が騒がれ、犠牲者もますます増えていますが、むしろ事件は増えているのではないでしょうか。

煽り運転対策のドラレコ+ステッカーは本当に効果があるのでしょうか。。僕の見解をお話していきます。

煽り運転が多発している。対策のドラレコ+ステッカーも逆効果!?

煽り運転が多発し、安心して運転できない世の中になったことで、ドライブレコーダーを車内に設置する人が増えました。僕の近所でも、着々とドラレコ設置者が増えています。

そして、一般的にはドラレコ設置者は車の後ろに「ドライブレコーダー作動中」のステッカーを貼ることと思います。ですが、それも関係なしに煽り運転を行う人がいるのも事実です。

普通はドラレコで撮影されていると知れば、そういった犯罪的な行動はとらないようにも思えますが、彼らにとって撮影されていることなどお構いなしなのでしょうか。。

そうだとしたら、むしろ煽り運転防止のため、ドラレコ作動中と伝える行為は、犯罪者を喜ばせることになるのでは!?なんてふうに思ってしまいます。

「煽り運転」を直接取り締まる法律はないし、罪も比較的軽い

煽り運転によって多くの犠牲者が出ていますが、それでも今のところ、煽り運転を直接取り締まることができる法律がないそうです。

調べたところによると、どうやら道路交通法26条の車間距離の保持に関する規定があるくらいで、高速道路での違反があった場合に、罰則として3か月以下の懲役、または5万円以下の罰金となるようです。(参考:https://www.bengo4.com/c_1009/n_10046/)

(車間距離の保持)
第二十六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

第百十九条 次の各号のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。
一 第四条(公安委員会の交通規制)第一項後段に規定する警察官の現場における指示又は第六条(警察官等の交通規制)第四項の規定による警察官の禁止若しくは制限に従わなかつた車両等の運転者
一の二 第七条(信号機の信号等に従う義務)、第八条(通行の禁止等)第一項又は第九条(歩行者用道路を通行する車両の義務)の規定に違反した車両等の運転者
一の三 第二十四条(急ブレーキの禁止)の規定に違反した者
一の四 第二十六条(車間距離の保持)の規定の違反となるような行為(高速自動車国道等におけるものに限る。)をした者

(出典:e-gov-道路交通法)

法律の罰則規定だけ見ると、たかが煽り運転のようにとれてしまいますが、この煽り運転によって死傷につながることが十分あり得るし、既に多くの犠牲が出ています。

me

煽り運転を直接取り締まることができる法律ができ、多くの方が安心してドライブできる時代が早く来てほしいです。ドラレコを設置しなければ安心できないなんて、悲しすぎます。

罪が軽いと事件が再発する危険が大きい

煽り運転で上記のような罰則を受けることになっても、罪が比較的軽く、数年で出所できてしまうと、また同様の事件が再発する危険がありますよね。

一番恐ろしいのは、犯人が被害者を逆恨みし、出所後もつきまとったり、同様の犯罪行為を行う可能性もゼロではないです。

だから、加害者が逮捕され、有罪となり刑務所に入ったとしても、何故か安心できない、生きた心地がしない、、という辛い人生を送ることもあり得ます。

まあ煽り運転だけに言えることではなく、旧強姦罪についても同様ですが、被害者がいつまで経ってもトラウマから脱することができないケースもあります。

僕たちもいつ恐ろしい犯罪に巻き込まれるかわからないので、明日は我が身という気持ちをもって、注意深く生活をしていきたいです。

一般人でも加害者になり得る「煽り運転」の恐怖

普段は温厚な性格で、人当たりもよく、周りから信頼されるような人でも、車に乗ってハンドルを握った瞬間に豹変する、、という話はよく聞きます。

実際僕の周りにもいます、そういう人。例えば、彼らが車に乗ると、次のように変わることがあります。

  • 話しかけても無視される
  • 大音量で音楽をかける
  • 他のドライバーに舌打ちしたり、睨み付ける
  • 運転がすごく荒く、カーブはとくに危険
  • やたらと嫌に絡んでくる

普段は僕と仲良く会話したり、一緒に行動できる人なのですが、車に同乗したところ性格が豹変し、上記のような態度をとられたことが何度かありました。

で、こういう人間が煽り運転をする危険性が大であると僕は思います。普段からイライラしているので、前方をのろい車が走っていたり、追い越されたりするとキレるのでしょう。

まとめ

煽り運転という言葉を聞くようになったのは最近ですし、ドラレコで証拠が残るようになったからこそ事件が明るみになりましたが、そもそも同様の行為は昔からあるでしょう。

車というのは便利ですが、人を傷つけることができる以上、凶器そのものです。犯罪的思想を持った人間が凶器を手にしたらマズイことになるのは誰でも想像できます。

なので、車の運転をするという行為は、思った以上に注意が必要なものであると、僕は感じます。