こんにちは。たかじんです。

今回は行政書士会で開催された講習に参加したお話をしたいと思います。

行政書士会の実務講習に参加してきた!

僕は行政書士として開業して、まだ日が浅いので、色々な講習に積極的に参加するようにしています。

行政書士の講習は、所属する支部で開催されるものや、その上の県で開催されるものなどがあり、開催場所も様々です。

参加料金がかかる講習もあれば、無料で受講できる講習もあります。今回参加したのは無料講習でした。

行政書士の実務をゼロから学びたかったが…

行政書士の講習といっても、その全てが実務についてゼロから説明する趣旨のものではないようです。実際、今回参加してきた講習は、既に実務でその内容を扱っている人向けのものでした。

僕のように前提知識ゼロで、一から勉強したいと思っている人にとっては、「うーむ、、よくわからん」という内容でしたね(笑)

まぁどんな内容だったかというと、

  • 実務で困った点、解決策
  • 実務でやりがいを感じたこと
  • 許可申請が不許可になった事例

などなど、だいたいこんなお話でした。

実務で扱っている方にとっては、なかなか有益な講習だったのだと思います。ですが、まったく前提知識がない状態の僕にとっては、「ふ~ん、そうなんだ。。」というレベルの理解でした。

行政書士で実務を学ぶ方法はあるの?

これから行政書士になろうとしている人にとっては、果たして実務を勉強できる機会はあるのか、ということが大問題かと思います。

行政書士が実務を学習する方法としては、だいたい次の通りです。

  • 専門書を読み込む
  • 先輩行政書士に質問する
  • 講習に参加する
  • 役所窓口などに直接質問する
  • 行政書士事務所で働かせてもらう

と、こんな感じで実務を学べる環境はいろいろあります。

とはいえ、ぶっちゃけ開業してもすぐに学べる機会があるかというと、あんまりないです。

なので、僕が思うに、ほとんどの行政書士がぶっつけ本番で仕事を受注し、そこから初めて質問したりしながら実務を進めていく、、という感じなのかと。

ということで、僕のように事前に知識を増やしておきつつ仕事をしたい、、という人にはなかなか苦しい職種でもあります。

me

行政書士にも実務を教える予備校みたいなのがあれば一番なのですが。。

まとめ:行政書士は積極的に知識を増やしていくべし!

ということでまとめですが、行政書士は自ら行動し、積極的に知識を増やしていくべきと考えます。でないと、たぶんいつまで経っても実務知識が付かないし、依頼も来ないかと。

さらに、定期的に開催される講習についても、ぶっちゃけ参加しなくても良いものもあります。講習案内をよく確認し、自分にとって本当に有益だと思える講習に参加しましょう。