こんにちは。たかじんです。

今回は、僕がブラックIT企業を退職してから資格を取得し、独立開業するまでの苦労話をしたいと思います。

この記事を読まれた誰かしら(一人でも)の参考になれば、それだけで満足です。

希望に溢れた就職:富〇通グループへ新卒で入社【ばら色の人生?】

大学で6年間情報学を勉強し、一生懸命に就職活動をし、新卒で入社した先は富〇通グループの会社でした。自分の中ではけっこうな大手だと思っていて、内定をもらったときは大変喜びました。

なんでこの会社にしたかというと、IT企業ということ、地元に事業所があったから、というだけの単純な理由でした(笑)

研修はなんと4ヶ月。かなり面倒見がよい

この会社の研修は新横浜で行われ、地元を離れ、初めての一人暮らしを始めました。研修期間はなんと4ヶ月。一般的な会社の研修よりかなり長い方だと思います。

さらに研修中であってもしっかり給与が支払われ、賞与の月には寸志ももらえ、かなり満足でした。

研修にはグループ会社の新入社員が多く集まり、皆で協力し合い、様々な体験をしました。

me

このときは、この研修がずっと続けばなぁ、、という気持ちでした。それくらい穏やかな気持ちで生活ができていましたね。

うつ病で退職:僕が退職を決意した理由+退職後【生きる活力がない】

僕はこの会社を約3年で退職しました。退職を決意するまでをお話していきます。(本当はもう思い出したくないですが。。)

僕がこの会社を退職した理由は、次のような点に限界を感じていたからです。(下記はあくまで僕のいた事業所での話です)

  • 配属されて半年後にはかなり遠い県へ常駐させられる
  • 日付が変わるまで残業をしなければならない環境
  • 当時のプロジェクトにお金がないからほとんどサービス残業
  • 業務内容が目まぐるしく変わり、しょっちゅう無茶ぶりされる
  • 怖い上司から不条理に怒られる

とまぁこんな感じで、もうこの会社で働くことに生きがいを感じなくなってました。というか、この会社で働く10年後の自分を思い浮かべたら、ゾッとして背筋が寒くなったのを覚えています。

me

そのときは、「ここにいちゃダメだ。自分が壊れてしまう。早く逃げ出さなくては。。」という思いでいっぱいでした。

 

会社を辞める直前には、ここから逃げ出したい、生きていたくない、、という負の感情があふれ出し、本当にうつ病のような状態でした。

食事も息苦しくて喉を通らず、僕以外の誰かが怒られているだけでも、心臓がバクバク破裂しそうになり、正直生きているのがやっとでした。。

こんな感じで、勇気を出して直属の上司に退職を相談したわけです。

会社を退職し、1か月ほど体を休め、自分や家族と向き合う

退職後の自分を待っていたのは、何も手に着かない虚無感でした。

退職するまでは毎日やることが多すぎて、日付が変わるまで仕事をしていたので、いきなりやることがなくなり、なんだかぼーっとしていました。

そうこうして1か月ほど心と体を休め、今後のことを家族とも相談しながら考えました。家族は僕の進む道を応援してくれていたので、将来を自由に考えることができました。

me

自分の人生を本当の意味で真剣に考えたことなんて、これまで一度もありませんでした。このときは時間をかけて、色々なことを考えました。再就職するべきか、個人で何か始めるべきか。。

本気で性格分析を開始:なぜか法律家が向いていると診断される

自分なりに将来を一生懸命に考えたのですが、何をやったらいいのかまったく不明で、なんとなく同業種の仕事を探すしかないのかなぁ、、と考えていました。

で、もう何を考えても思い浮かばないので、ネットの性格診断(職業診断)でもやってみるか(笑)という安易な考えでやってみました。

冗談半分で性格分析(職業診断)サイトを利用

で、設問に対して「はい、いいえ」で答える性格診断(職業診断)テストをポチポチやってみて、その結果に笑いが止まりませんでした。

「あなたは法律家に向いています。」

みたいなメッセージが画面に大きく表示されたためです。

いやいや、自分は法律なんて興味ないし、これまで考えたこともなかったので、本当に驚きましたね。

とはいえ、まったく異なるジャンルへ進むのもアリか?という若干の希望がわいていました。

法律系の国家資格で開業できるもの⇒消去法で行政書士に

ネットで色々調べてみて、法律系の国家資格に何があるのか探しました。すると、次のような資格がありました。消去法で行政書士に興味を持ちました。

  • 弁護士 ⇒ 無理
  • 司法書士 ⇒ 無理
  • 税理士 ⇒ 大変そう
  • 行政書士 ⇒ コレ!

こんなふざけた動機で行政書士を選んでしまい今となっては申し訳なく思ってます。。

とはいえ、比較的短期間で資格を取得し、すぐ開業してお金を稼げるのはどれか?と考えたところ、行政書士しかない!と考えたわけです。

他の資格は目指すだけで時間がかかってしまいそうでしたので。

行政書士になるべく猛勉強を開始:お金がないから独学を貫徹

そこから僕は行政書士になるべく猛勉強をしました。とはいえ、1日に5時間くらいだったかと思います。(そんなにしてない…)

1回目の受験は様子見。適当に勉強して不合格⇒挫折

1回目の受験では、学習期間が2~3か月しかなかったこともあり、ほぼ様子見の受験でした。案の定、ボロボロの点数で不合格でした。

何の根拠もなく「余裕だろ。」と自信を持っていたために、不合格の通知を見たときはなぜか挫折を味わいましたね(笑)

2回目の受験で行政書士試験に無事合格

1回目の受験から1か月ほどゲーム三昧の毎日を過ごし(アホ)、翌年の1月から再び勉強を開始しました。

この年は勉強時間をしっかり確保でき、けっこう余裕のある点数で合格できました。

夢の独立開業:行政書士会への入会費が高すぎて死にたくなる

行政書士試験に合格した後は、実務の勉強をしたり、法律系のブログを運用したり、開業準備をしたりと忙しい毎日でした。

で、ある程度落ち着いた頃に行政書士会への登録・入会の準備をスタートしました。そして衝撃的な事実を知りました。

登録手数料、入会費があまりに高額だということです。

嘘みたいに高い登録手数料・入会費

たぶんネットで[行政書士 入会 手数料]とかで検索するとヒットするかと思いますが、笑えるくらいお金がかかります。

僕の所属する行政書士会では、登録手数料、入会金あわせて35万くらいかかりました。

me

まぁ弁護士会とか税理士会はもっとかかるのかもしれませんが、正直お金がない人は開業すらできない、、という残酷な世界なのでしょうか。かなりの痛手でした。。

まとめ:人生何あるかわかりません

はい、という感じで今に至ります。なんだかまとまりのない文章になってしまい申し訳ありませんが、ほんと人生って何があるかわかりませんよね。ずっと情報学を専攻し、プログラミングをやってきた僕がまったく別の法律系の仕事に就くことになるのだから。

この記事を読まれた方へ、今もしも辛い仕事を抱えているなら、思い切って転職、資格取得、独立開業なども視野に含めてみてはいかがでしょうか。無責任なことは言えませんが、本当に人生何があるかわかりませんので。