こんにちは、たかじんです。

先日、甲状腺の病気を抱えている母を連れて、甲状腺治療の専門クリニックに行ってきました。

病院名は伏せますが、I(アイ)クリニックとでもしましょう。ここは日本でも有数の名医と称賛されているのですが、、ぶっちゃけかなり不満があります。

とにかく患者を待たせる、そしてしっかり診察しない。

本当にこんなことで良いのでしょうか。以下、詳しく愚痴っていきたいと思います(笑)

日本有数の甲状腺治療の名医!全国から患者が受診しにくる

母は数年前から甲状腺の病気をしており、治療が必要なので、数か月に一度、Iクリニックを受信しています。クリニックは自宅から車で1時間くらいの場所にあります。

なぜIクリニックにしたかというと、ネットで[甲状腺 名医]とかで検索すると、けっこう上位にランクインしていたためです。そんなクリニックが自宅から通える範囲にあったので、そこはラッキーでした。

Iクリニックは東海地方に位置しているのですが、なんと北海道からわざわざ患者が来ることもあるそうです。母と会話した叔母さんがそう話していました。

甲状腺は主に女性が患いやすい疾患だそうで、ネットで評判を聞き、はるばる遠方から来られていることからして、Iクリニックに大きな期待をしているのでしょう。

不満:とにかく患者を待たせる+診察時間が短すぎる

僕は何度か母の付き添いでIクリニックに来院しているのですが、かなり不満なことがあります。次の点です。

  • Iクリニックはとにかく患者を待たせる(診察まで2時間は普通)
  • 一人あたりの診察時間が短すぎる(母の場合:10秒)

その日はクリニックに午前10時には着き、受付を済ませたのですが、診察室に呼ばれたのはなんと12時近くでした。その間約2時間、ただひたすら待ち続けることになります。

次に不満なのが、一人当たりの診察時間が短すぎる点です。僕の母は2時間待って診察室へ入っていったのですが、出てきたのがその10秒後でした(笑)

母曰く、挨拶して、日ごろの病状を伝えて、お薬出しておきますね~となって終わりだそうです。母だけでなく、その後に入っていった80~90歳くらいのお婆ちゃんも10秒くらいで出てきました。

いったいこの10秒で何が診察できるのでしょう。素人にはわからない何かがあるのでしょうか。。

中には、ずいぶんなお年の方で、電車を乗り継いで一人で他県から来られた方もいるそうです。なんだか可哀想になりました。

me

ちなみに納得できないのが、比較的若い女性の場合、数分~十分くらい診察室に入っていることも多いです。あとは、午前の診療時間が終わりに近づくと、かなり巻きで終わらせている感じがあります。

問題提起:この診療体制は完全にNGかと。1日の予約数を制限すべき

甲状腺治療に関しては日本有数の名医なので仕方ないのかもですが、非常に多くの患者さんが来院し、かなり混んでいます。

それでも時間どおり延長なくきっぱり終わるので、一人あたりの診察時間が短くなるのもわかります。でも、この診療体制は完全にNGだと僕は思いました。

予約制をとっているのであれば、1日に診察する人数を制限し、一人あたりの診察時間をもう少し確保しても良いのでは?と感じました。

このクリニックを受診する方って、どうも数か月おきに予約を入れているようですが、はるばる他県からやってくる方も多いです。そんな方も2時間ほど待たせ、診察は数十秒というのは、さすがに可哀想かと。

もしくは、よくある他の病院のように、診察時間を延長すべきではないでしょうか。

me

あくまで素人の意見なので、的外れかもしれませんが、僕はその日の診察を見ていてそう感じました。これならAIで自動化しても良さそうな感じでしたね。

まとめ

はるばる遠方から足を運び、数時間待ち、診察時間が数秒で終わると、なんだかしっかり診てくれているのかなぁ、、この病院で大丈夫なのかなぁ、、とか考えてしまいますよね。皆さまもそういう経験ありませんか?

とくに抱えている病気が重い場合には、病院不審になってしまい、精神的にも病気を抱えてしまう恐れもあるかと。どんなに技術が発達しても、AIで自動化して問題ないような病院にはなってほしくないです。