ブログを運営されている方にとって、記事の内容にこだわるのは当然ですが、やっぱりタイトルにもこだわりたいですよね。

記事のタイトルにインパクトがあったり、オシャレだと、訪問者の増加に期待できます。

この記事では、読者の目を引くブログタイトルの付け方をご紹介していきます。どれもすぐ真似できるので、参考にしていみてください。

この記事でわかること
  • 読者の目を引くブログタイトルの付け方(基本ワード10+具体例)
  • タイトルを付ける能力を成長させる方法
  • ブログタイトルの考案にとても役立つ書籍の紹介

読者の目をひくブログタイトルの付け方:基本ワード10【具体例あり】

読者の目を引くブログタイトルを考える場合、その他の記事に埋もれてしまわないように、キーワード選定から念入りに考える必要があります。

SEOキーワード選定の方法については「【保存版】SEOキーワード選定を極める!ツール3つ+具体的作業手順」で詳しく解説しています。

記事タイトルに含めるキーワードが決まったら、あとは「キーワードの羅列⇒意味のある文章」となるように、タイトルに肉付けしていきます。

それでは本題に入ります。読者の目を引くブログタイトルの付け方として、以下の要点を参考にしてください。

  • 数字をいれる
  • 括弧(「」【】など)を使う
  • 「&」「+」「:」記号を使う
  • 「方法」「やり方」というワードをいれる
  • 「まとめ」「〇選」「比較」というワードをいれる
  • 「理由」「原因」というワードをいれる
  • 「簡単」「初心者向け」というワードをいれる
  • 「無料」「0円」「返金保証」というワードをいれる
  • 「失敗」「後悔」というワードをいれる
  • 読者に質問する、問題提起する

上記について、深掘りして解説していきます

数字をいれる

記事のタイトルを付ける場合、可能ならば数字を入れられないか考えてみると良いです。もっと言えば、タイトルに数字を入れたいがために、その数字に沿った記事内容を考える、という感じもOKです。

日本語文字の中に数字が入ると、それだけで目立ちますし、記事の信ぴょう性も増します。

例えば次のような感じです。

  • 数字なし:アフィリエイトで稼ぐ方法
  • 数字あり:アフィリエイトで稼ぐための7つの方法を解説!

どうですか?数字が入ると目立ちますし、記事の内容がなんとなく想像できますよね。

とはいえ、必ず数字を入れなければならない、、というわけではありません。あくまで記事のコンテンツに合わせて、数字が入れられないかを考える、ということです。

括弧(「」【】など)を使う

多くのブロガーさんは記事タイトルを32文字前後で設定されているようです。理由は、検索エンジンで検索結果に表示される文字数制限がそのくらいだからだそうです。

そして、この30文字前後のタイトルがすべて単調な日本語かな文字だと、なんだか読みにくいタイトルになってしまいます。

なので、必要に応じて括弧を使うと読みやすくなります。括弧は重要箇所を強調させる意味合いもあるので、とくに見てもらいたいキーワードの前後に付けるのもアリです。例えば次のような感じです。

  • 【簡単】おいしいケーキを作る方法+手順を解説【3ステップ】
  • 【結論】スキンケアで一番大切なのは「保湿」ですよ!?

例のように、特定の文字を強調したりして、着眼してほしいキーワードを括弧で囲むと効果的です。

「&」「+」「:」記号を使う

僕がタイトルによく付ける記号が「&(アンド)」「+(プラス)」「:(コロン)」です。

日本語文字だけでタイトルを考えるより、なんだかちょっとスタイリッシュな感じがするので、多用しています。

例えば次のような使い方です。

  • 人生楽に生きる方法&具体的な生き方を解説する
  • 肌がスベスベになる洗顔のやり方+おすすめの商品をご紹介!
  • 無料あり:プログラマーおすすめのプログラミングスクール4社

&や+は日本語で言うなら「加えて」とか「~と〇〇」という感じですね。文字数を節約する意味でも、記号がおすすめです。

:については、雰囲気で使っています(笑)

「方法」「やり方」というワードをいれる

何か目的を達成するための手順・手段を探している読者にとっては、タイトルに「方法」「やり方」などを入れてあげると良いです。

何かを説明する記事では、ほとんどのブロガーさんが「方法」というワードを入れているはずです。

読者から見れば、「ああ、この記事を読めば〇〇の方法がわかるのだな!」とすぐに理解できます。

次のような感じです。

  • おいしいチョコケーキを作る方法を3つ紹介します!
  • WordPressでブログを投稿する方法をイラストで解説
me

当然ですが、タイトルに「方法」と書いた場合、コンテンツも「方法を紹介するもの」にしてくださいね。コンテンツに方法が含まれないと、タイトル詐欺になってしまうので。。

「まとめ」「〇選」「比較」というワードをいれる

「まとめ」「〇選」「比較」もよく目にする人気の高いワードです。ブログでは次のような記事を表します。

まとめ:役に立つ特定の情報を複数羅列した記事
〇選:複数ある中で特に有益として選別した記事
比較:商品Aと商品Bを比較して一定の結論を出す記事

具体的には次のような感じです。

  • 個人でできる台風対策まとめ【おすすめ商品を紹介】
  • 乾燥肌を予防するスキンケア5選!
  • どこが最安?大手英会話スクールを3社比較してみた

普段忙しい読者にとって、一から全て調べている時間なんてありません。だからこそ、見たい情報を一覧化してまとめてくれていたり、おすすめを比較して答えを出してくれる記事を読みたいわけです。

「理由」「原因」というワードをいれる

読者の中には、成功や失敗、特定の事象に関する理由や原因を知りたい方もいます。そんな場合、記事タイトルの中に「〇〇の理由」「〇〇の原因」というワードが含まれていると読んでみたくなります。

以下のように、数字と組み合わせるとより効果的です。

  • 風邪が悪化する3つの原因+効果的な予防法を解説
  • あなたが貯金できない理由は3つです。経験談から解説

当然ですが、記事のコンテンツも「〇〇の理由」を紹介するものにしてください。

「簡単」「初心者向け」というワードをいれる

記事のタイトルに「簡単」「初心者向け」といった「難易度の低さ」を表現するワードを入れると、読者の心理的ハードルが下がり、クリックされやすくなります。

難しいテーマを記事にする場合、とくに有効かと思います。例えば次のような感じです。

  • 【簡単】プログラミングエラーが出た場合の解決策
  • 初心者向け:ブログで月10万円稼ぐ方法をゼロから解説

上記のようにタイトルを付けることで、一般的には難しいテーマを易しく解説するイメージを読者に持たせるわけです。

「無料」「0円」「返金保証」というワードをいれる

お金に関するワードはとくに有効です。多くの読者の目をひくことでしょう。とくに「無料」「0円」「返金保証」などのワードは、破壊力抜群かと(笑)

次のように使いましょう。

  • 無料で視聴できる動画サイトまとめ
  • 材料費0円で作れる美味しい〇〇レシピ10選
  • 返金保証あり:脂性肌を改善できる話題のスキンケア〇〇

何かを成し遂げたい方は多くいますが、やっぱりお金は使いたくないはずです。なので、上記のようなワードをタイトルに含めることで、読者の心をくすぐります。

「失敗」「後悔」というワードをいれる

人間って、成功を得たいという気持ちよりも、失敗したくない、という気持ちの方が強いと言われています。

そのため、ある目標を達成したい場合、目標達成で得られるメリットを挙げるより、目標の不達成で受けるデメリットを挙げた方が、努力を継続できるのです。

日本人はとくに失敗を嫌うので、「失敗」「後悔」というワードを記事に含めると効果的なのです。

例えば次のような感じです。

  • 失敗したくない人向け:カラオケを上手に乗り切る3つの方法
  • 【後悔】スキンケア〇〇を試したら肌がボロボロになった話

記事テーマに関する問題を実際に読者が抱えている場合、「失敗」「後悔」というワードがより心に刺さるわけです。

読者に質問する、問題提起する

読者の中には、質問をされるとつい答えたくなってしまう方がいます。他にも、つい反論したくなる人も多いかと。

そんな知的好奇心をくすぐるべく、タイトルで読者に質問したり、問題提起をしたりすると効果的です。

例えば次のような感じ。

  • 知ってます?洗濯物をあっという間に乾かす7つの方法
  • 結論:稼ぎたいなら〇〇するべきでは?他に方法あるの?

質問や問題提起をされると、つい答えたくなったり、反論したくなる人は少なからずいます。そこを逆手にとって、多くの読者の心を掴むタイトルを付けるわけです。

一流のタイトルを付ける!能力を成長させる唯一の方法【結論:真似です】

ここまで一般的に多くのブロガーが多用するワードをご紹介してきました。とはいえ、初心者の方が熟練ブロガーのようなタイトルをいきなり考えるのは難しいかと。

では、どのようにして成長していけば良いかと言うと、ぶっちゃけ真似です。

他の記事タイトルをコピーしろ、と言っているわけではありません。色々な記事タイトルを眺めてみて、あなたが気に入ったワード、表現を真似てみるのです。

実際に使ってみてしっくりくれば自分のものにしていけば良いのです。後は、何度も何度もタイトルを考える中で、自然と成長していきます。

具体的な方法としては、執筆したいキーワード(例:[おいしい ケーキ 作り方]など)で検索してみて、上位表示された記事の中から、好きなワードや表現を探してみてください。

ブログタイトルの付け方で参考になる書籍

やっぱり難しいな、、と思った方は、次の書籍を参考にしてみると良いかもです。

そのままタイトルに当てはめるだけで読者の目を引くタイトルが仕上がります。記事コンテンツに合わせていろいろ調べてみてください。

「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本 (中経出版)

「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本 (中経出版)

中山 マコト
発売日: 2012/02/09
Amazonの情報を掲載しています
[カラー改訂版]バカ売れキーワード1000 (中経出版)

[カラー改訂版]バカ売れキーワード1000 (中経出版)

堀田博和
発売日: 2014/08/22
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

人の目を引くブログタイトルの付け方をご紹介してきました。どんなに中身が素晴らしい記事でも、タイトルが微妙だとクリック率は下がります。競争はタイトルから始まっています。頑張ってみてください。

ブログで月3万円以上稼ぎたい方!

【収益月3万円までのロードマップ】ブログの始め方~PV増やすまで完全解説

SEO特化したキーワード選定の方法を解説!

【保存版】SEOキーワード選定を極める!ツール3つ+具体的作業手順

初心者向け:ブログのPV数を爆上げする10の方法

完全初心者向け:ブログ月間PV『2千⇒1万5千』に増やす10の方法