(出典:ザ!世界仰天ニュース)

 

2018年10月9日の「ザ!世界仰天ニュース」にて、20代の女性がある食べ物を食べてギラン・バレー症候群になったという話が放送されました。

 

そのある食べ物とは、たった1日だけ消費期限が切れた「タマゴサンドでした。

 

ギラン・バレー症候群の主な症状

以下、ギランバレー症候群の主な症状を記載します。

 

  • 手足の力が入らなくなる(下肢から始まり徐々に上肢に広がっていく)
  • 顔面の筋肉に力が入らない
  • 目を動かせなくなって物が二重に見える
  • 食事がうまく飲み込めない
  • ろれつが回らない
  • 呼吸困難(重症な場合)

(参照:慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト)

 

急に手足に力が入らず、自分の力では動かせなくなるようです。

 

このため、何もないところで躓いて転んだり、起き上がれなくなったりします。

 

こうなると、一人で外出するのは困難となります。

 

ベッドの上や家の中ならまだ良いのですが、もしも道路横断中や、駅の階段、ホームなどの危険な場所で症状が出てしまったら・・・

 

考えただけでもゾッとします。

 

手足の麻痺が起こる前に感じた症状

番組の中では、女性が手足が麻痺して動けなくなる数日前に、次のような症状を感じたと紹介されていました。

 

「コーヒー牛乳や水が炭酸の味がする」

 

(出典:ザ!世界仰天ニュース)

 

全く想像がつきませんが、もしかしたらこれもギラン・バレー症候群の前兆かもしれません。

 

原因は1日だけ消費期限が過ぎた「タマゴサンド」を食べたこと

(出典:ザ!世界仰天ニュース)

 

番組で紹介された女性は、もろもろの症状を訴える数日前に、タマゴサンドを購入しました。

 

しかし、すぐには食べず、ついつい消費期限が1日過ぎるまで放置してしまいました。

 

その日の最高気温は32.7度であったそうです。

 

つまり、パンなどの食べ物を長時間放置しておくには最悪の環境でしょう。

 

 

私もしょっちゅうやってしまうのですが、サンドイッチやコンビニのおにぎりを買ったはいいものの、すぐに食べずにカバンの中に放置してしまうことがあります。

 

というよりは、仕事が忙しくて昼をとっている時間がなく、結局そのままになってしまう、というケースが多いです。

 

結局、帰宅してからもったいないので仕方なく食べる、という毎日でした・・・

 

 

今回の女性もその例で、高温の中放置されたタマゴサンドはかなり傷んでいたのでしょう。

 

結果、女性は食中毒を起こし、それが引き金となってギラン・バレー症候群を起こしてしまいました。

 

 

(出典:ザ!世界仰天ニュース)

 

ちなみに、1日消費期限が過ぎたタマゴサンドからは、味や匂いの異常は感じられなかったとのことです。

 

ついやってしまいがちですが、1日でも消費期限が過ぎた食べ物は、決して食べないように注意しましょう。

 

そういう私自身も気を付けます。

 

 

これまでは運よく食中毒とならず済んだのかもしれません。

 

次は食中毒になり、ギラン・バレー症候群になってしまうかもしれません。

 

「きっと大丈夫だろう!」

 

という安易な判断が、恐ろしい病気を招くのですね。

 

まとめ

消費期限がたった1日過ぎたタマゴサンドを食して食中毒になり、さらにギランバレー症候群を引き起こしてしまった事例をご紹介しました。

もったいないから食べた、結果病気になり通院することとなった・・・

結局もったいないが更なる面倒を招いていることになります。

味や匂いだけでは傷みに気づかないこともあります。

消費期限が1日でも過ぎた食べ物は決して食べないようにご注意を!